コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

鳥インフルで卵高騰の韓国が日本産卵の輸入禁止を解除へ=業界は期待もネットからは“汚染”恐れ猛反対の声

配信日時:2017年6月16日(金) 22時40分
韓国が日本産卵の輸入禁止を解除へ=業界は期待もネットは猛反対
画像ID  567017
15日、韓国・ヘラルド経済によると、韓国で鳥インフルエンザの被害が広がっている影響で鶏卵の価格が高騰、業界では日本産卵の輸入に期待が集まっているが、ネットユーザーからこれに反発の声が出ている。写真は韓国の食品売り場。
2017年6月15日、韓国・ヘラルド経済によると、韓国で鳥インフルエンザの被害が広がっている影響で鶏卵の価格が高騰、タイ産の卵が輸入されることになったが、韓国の業界で期待の声は少ないという。業界からはむしろ「日本産の卵輸入を待つ」動きもあるが、これにはネットユーザーから反発の声が出ている。

韓国農林畜産食品部(農林部)などによると、タイ産の卵の第1陣は今月20〜21日にも船で韓国に到着する。韓国の民間企業が輸入するというこの卵、毎週200万〜230万個が届く計画で、価格は関税などを含めても韓国産の3分の1程度となる見通しだ。しかし卵不足に頭を悩ませる業界ではこの輸入には否定的な見方が多い。主な理由は「輸入量が少な過ぎる」こと。韓国で1日約4200万個の卵が消費されるのに対し、5月の1日当たりの国内生産量は約3400万個、毎日800万個が不足しているところに週200万個超の輸入では「焼け石に水」で、需給の安定につながらないというのだ。

そのため業界では、次なる追加輸入に早くも関心が高まっている。農林部は、この4月に高病原性鳥インフルエンザの清浄国と認められた日本産の家禽(かきん)・食用卵の輸入禁止措置を今月28日に解除する方針を明らかにしている。これを受け、業界関係者からは「運送料も安く価格自体も韓国と同程度と予想される日本産卵」に注目が集まっているのだ。ある業界関係者は、「(日本は)鳥インフルエンザに速やかに対処し被害も小さかったため、たくさんの卵の輸入が可能になる」と期待を語った。

しかし業界の期待に反し、韓国の一般ネットユーザーの反応は芳しくない。韓国では日本産食品の放射能汚染を懸念する風潮がいまだ根強いようで、「日本の卵は怖い」「原発事故の卵など食べないぞ。輸入反対」「日本の放射能卵まで食べなきゃいけないのか?」「日本産の卵なんて誰も待ってやしない」といったコメントが多数の共感を集めている。

他にも「卵を食べない運動をしよう」「日本産を輸入してみろ。すぐに『パン断ち』するぞ」「僕はタイ産の卵を食べることにする」と宣言するものや、「内部被ばくによる犠牲者は外部被ばくの10倍を超えるんだよ」と説く者も。

さらに「卵を食べなくても死ぬことはない」「僕は福島の原発事故以来、日本のビールすら飲んでいない。卵なんてあり得ない」などの声が並び、日本産卵に期待のコメントは見当たらなかった。(翻訳・編集/吉金
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 9

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する
<







/body>