日本の躍進は続くか、福原愛、石川佳純、平野美宇から見る日本の卓球の進歩―中国メディア

配信日時:2017年6月15日(木) 0時0分
福原愛、石川佳純、平野美宇から見る日本の卓球の進歩
画像ID  566906
14日、卓球のワールドルアー、ジャパン・オープン荻村杯が開幕。これに関連し、中国のポータルサイト・新浪は13日、「福原愛、石川佳純、平野美宇から見る日本の卓球の進歩」と題した記事を掲載した。資料写真。
2017年6月14日、卓球のワールドルアー、ジャパン・オープン荻村杯が開幕。18日まで国内外の有力選手が激闘を繰り広げる。日本からは、世界選手権ドイツ大会で男女混合の金メダルを獲得した石川佳純と吉村真晴のほか、日本男子のエース・水谷隼やドイツ大会で水谷を撃破し話題となった張本智和が出場予定。さらに、ドイツ大会で女子シングルスの歴史的な銅メダルを獲得した平野美宇のほか、多くの主力選手が参戦する。これに関連し、中国のポータルサイト・新浪は13日、「福原愛、石川佳純、平野美宇から見る日本の卓球の進歩」と題した記事を掲載した。

日本の女子卓球選手といえば、福原愛をまず思い浮かべるだろう。そして、石川佳純と平野美宇が続く。この3選手は日本女子卓球の最高水準を示してきた存在である。3人を比較することで、日本の女子卓球が近年各方面で大きく進歩していることが分かる。

福原愛のプレースタイルは守り型で、相手のミスを誘って点を稼ぐのが特徴。平野美宇は攻撃型で、球にさまざまな回転をかけ相手を翻弄(ほんろう)している。石川佳純は両者の中間と言えるだろう。

また、中国選手に対する態度にも変化が見られている。福原愛は中国選手に対する恐怖心を完全に払拭できていないが、平野美宇はアジア選手権で中国選手を撃破し優勝したこともあり、中国人選手にも勝てるという自信がついた。石川は平野の活躍を見て、徐々に中国人選手に対する恐怖心を克服している。

日本人はコツコツと努力することにたけており、サッカーでの成功は良い例と言える。こうした地道な努力を卓球でも行い、大きな成果を得ている。中国は警戒を怠ってはいけない。現状維持や緩やかな進歩は退化に等しい。新世代の育成に力を入れる必要がある。これからは若者の時代だ。

今回のジャパン・オープン荻村杯には、女性世界ランク上位の丁寧(ディン・ニン)、劉詩●(リウ・シーウェン、●は雨かんむりに文)、朱雨玲(ジュー・ユーリン)は出場しないが、実力のある選手は数多い。日本勢が再び歴史的な記録を打ち立てられるのかに期待がかかる。(翻訳・編集/内山
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 絶対平***** | (2017/06/15 00:43)

    ま、中国がまともに自慢できるスポーツって卓球とバレーボールくらいだからな。あとは興味ないのであまり知らないだけだったりw ワールドルアー、ジャパンオープン・・・・ラケットをロッドに持ち替えて釣った魚のバッグリミット3匹ないし5匹の総重量で争われるのか~wwwトーナメントが開催されるフィールドは霞ヶ浦なのか?もしくは河口湖か?それとも琵琶湖か?はたまた不忍池か!?(爆) イマカツとモリゾーあたりが参戦すれば日本は中国なんかにゃまず負けることはないだろう 解説に糸井重里を、特別ゲストか実況にキムタクと反町隆史と大鶴義丹を呼べばギャラリーもそれなりに集まりそうだ(誤字にここまで乗っかってしまったw) と、とにかく日本代表選手みんなガンバレ!!
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事