コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

NYタイムズ紙「21世紀の映画ベスト25」に中華圏から3作品、「千と千尋の神隠し」が2位

配信日時:2017年6月13日(火) 12時0分
21世紀の映画ベスト25、「千と千尋の神隠し」が2位
画像ID  566723
12日、米紙ニューヨーク・タイムズが発表した「21世紀の映画ベスト25」で、中華圏から3人の映画監督が選ばれた。写真は映画「罪の手ざわり」ポスタービジュアル。
2017年6月12日、米紙ニューヨーク・タイムズが発表した「21世紀の映画ベスト25」で、中華圏から3人の映画監督が選ばれた。新浪が伝えた。

ニューヨーク・タイムズが発表した「 21世紀の映画ベスト25」で1位に選ばれたのは、ダニエル・デイ=ルイス主演、ポール・トーマス・アンダーソン監督の米映画「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」だった。2位には日本からアニメ映画「千と千尋の神隠し」が、3位にクリント・イーストウッド監督・主演の「ミリオンダラーベイビー」が選ばれている。

このランキングに中華圏からは3人の監督が選出されている。中国の鬼才ジャ・ジャンクー(賈樟柯)監督の「罪の手ざわり」が4位に登場。台湾のホウ・シャオシェン(侯孝賢)監督の「百年恋歌」が6位に、同じく台湾からエドワード・ヤン(楊徳昌)監督の遺作となった「ヤンヤン 夏の想い出」が17位に選ばれた。

「21世紀の映画ベスト25」は、ニューヨーク・タイムズで映画評論を担当するマノーラ・ダルジス氏、A・O・スコット氏をはじめ、複数の映画評論家や映画関係者が関わったもの。2000年以降に公開された映画を対象に、未来に受け継がれる名作を選んでいる。(翻訳・編集/Mathilda)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事

<







/body>