コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

世界的ピアノコンクールで韓国人が初優勝=韓国ネットが歓喜「これが韓国人の底力」「すごい民族だというプライドが湧いてくる」

配信日時:2017年6月12日(月) 17時40分
世界的ピアノコンクールで韓国人が初優勝=韓国ネットが歓喜
画像ID  566630
11日、世界的に最も権威のある音楽コンクールの一つ、ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで、ソンウ・イェグォンさんが韓国人初となる優勝者に選ばれた。写真はグランドピアノ。
2017年6月11日、世界的に最も権威のある音楽コンクールの一つ、ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで、ソンウ・イェグォンさん(28)が韓国人初となる優勝者に選ばれた。韓国・SBSなどが伝えた。

同コンクールは、米ソ冷戦のさなかの1958年、米国のピアニスト、クライバーンがソ連に渡り、第1回チャイコフスキー・コンクールを制覇したことを記念して始まった大会で、4年ごとに開催される。日本人では、2009年に辻井伸行さんが日本人初となる優勝を飾っている。韓国人では05年にヤン・ヒウォンさん、09年にソン・ヨルムさんがいずれも2位に入ったのが最高だった。

ソンウさんは6人が進んだ決戦で高難度のピアノ協奏曲第3番(ラフマニノフ)を完璧に演奏、これが今回の優勝の決定打になったとみられている。ソンウさんは「苦しい時もあったが、素晴らしい音楽とともに非常に興味深い経験をすることができた」と語っている。

優勝者には賞金5万ドル(約550万円)と3年間の米国ツアー、アルバム発売などの権利が与えられる。

韓国人初の快挙に、韓国のネットユーザーからは「おめでとうございます!韓国人ピアニストの活躍はうれしい」「誇らしい」「これが韓国人の底力」「こんなちっぽけな国に優れた人材が多数活躍しているのをみると、すごい民族だというプライドがあふれてくる」「韓国を広めてくれてありがとう。これからも頑張ってください」「韓国のクラシックのレベルが一段上がった」と祝福コメントが続々と寄せられている。

一方で、「国際的に韓国の恥さらしをしてる人たちもいるのに」「韓国の芸術界は腐ってるけど、外国に出るとこういう成果が発揮される。だから外国に出ないと駄目なんだね」と国について問題点などを指摘する声も上がった。(翻訳・編集/松村)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 7

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 貴様は***** | (2017/06/14 22:12)

    他国に対する妬みが渦を巻いているコメント。日本はよく努力するから優秀だと思う。他国のささやかな成功には賞賛するぐらいの度量があってもいいのではないでしょうか?ちんけな根性を見せられては不快になるだけだし、日本の恥ですよ。引っ込んでいて下さい。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • hog***** | (2017/06/13 15:30)

    まあ、さすがに世界の一流の賞では買収工作は難しいのでは? なにしろ、ノーベル賞欲しさに買収工作しかけて、ネイチャーだか何かの学術誌に「韓国人は何か考え違いをしているのでは」等と書かれ、「この学術誌って、こんな内容も記事にするのか」と驚き、「韓国人は全世界に恥をさらししているな」と呆れた覚えがある。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • hog***** | (2017/06/13 00:41)

    韓国人って、芸術であれ、スポーツであれ、他の国と比較しないと良し悪しを判断できない人達だと思う。一流の人達は他人に惑わされず、自分の目標/信念に従い努力し、成果を積み重ねていると思うんだが。あと、金が儲からないとやらないというところも、何だかねと思う。
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事