平昌五輪会場近くの宿代が驚きの「ぼったくり価格」に、韓国観光のイメージに傷と懸念も=韓国ネットからは「他の先進国だって同じはず」の声も

配信日時:2017年6月4日(日) 17時50分
平昌五輪会場近くの宿代が「ぼったくり価格」に=ネットには自虐も
画像ID  565424
27日、韓国・平昌冬季五輪まで残り260日を切る中、現地の施設不足から宿泊料金が高騰している。写真は平昌五輪の広報ポスター。
2017年5月27日、韓国・平昌(ピョンチャン)冬季五輪まで残り260日を切る中、現地の施設不足から宿泊料金が高騰している。韓国・YTNが伝えた。

フィギュアスケートなどの競技が行われる韓国東岸の都市・江陵(カンヌン)のあるモーテルでは、来年2月の五輪期間中1泊の料金は50万ウォン(約4万9500円)にもなるという。これは通常の8倍近い金額だそうで、関係者は「需要に対して供給が少ないためどうしようもない」と釈明する。周辺のモーテルも同様で、新築のモーテルではなんと1泊70万ウォン(約6万9000円)の所も。この地域一帯では、今年の初めにすでに旅行会社などとの宿泊契約が終わっているとのこと。

平昌冬季五輪の期間中に現地で宿泊する観客は、推算で1日6万人。そのうち、開催都市の江陵、平昌、旌善(チョンソン)一帯のホテルやコンドミニアムで収容できる人数は1万3000人ほどにすぎず、残りの4万7000人はモーテルや民宿、周辺の束草(ソクチョ)、原州(ウォンジュ)に泊まらざるを得ないとされている。これがここまで宿泊料金が高騰している理由だ。現地自治体関係者はこの問題を認識してはいるものの、「料金について行政機関で規定することはできない」と話す。

問題はこれだけではない。各宿泊施設は旅行会社などを通じた団体の長期予約を優先することから、一般の個人による予約は相当厳しいものと思われる。

記事は、「こうした五輪の宿泊難を狙ったぼったくり商売が、韓国の観光イメージに泥を塗るのではないかと懸念される」とまとめた。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「大韓民国は詐欺師の国」「外国人にヘル朝鮮(地獄のような韓国)の威厳を見せろ!」といった自虐めいた声や、「行くなら冬山用のテントが必要だね」「ソウルからKTX(高速鉄道)に乗れば1時間で着くから泊まる必要はない」「冬はマジで寒いし、布団の中でぬくぬくとテレビを見ればいい話。苦労を買ってまでする必要ある?」と宿泊・日帰り討論など、さまざまなコメントが寄せられている。

中には、五輪招致にさかのぼって「なぜ五輪をするのか分からない。五輪後の経済はどうなっちゃうのか、心配」「平昌五輪の失敗を機に、二度と国際大会の誘致はしないでほしい」と否定的な意見や、宿泊業界の立場から「他の先進国だって同じはず。五輪期間は宿泊業界がかなりもうかるらしい」「現地の宿泊業界にとっては五輪くらいしか機会がないでしょ」と分析する声も上がり、しまいには「これ以上悪くなるイメージなんてある?」とのコメントを放つユーザーもみられた。(翻訳・編集/松村)
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事