コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

韓国のママたちが悲鳴、ソウル地下鉄駅にある授乳室の管理実態とは=韓国ネット「利用者も管理者も民度が低い」

配信日時:2017年8月4日(金) 0時30分
韓国のママたちが悲鳴、ソウル地下鉄駅にある授乳室の管理実態とは
画像ID  565324
2日、韓国メディアが「韓国の母親たちが地下鉄駅に設置された授乳室を利用しない理由」について報じ、ネットユーザーの間で話題となっている。
2017年8月2日、韓国・アジア経済が「韓国の母親たちが地下鉄駅に設置された授乳室を利用しない理由」について報じ、ネットユーザーの間で話題となっている。

ある30代の主婦は1日午後、授乳のためソウル地下鉄2号線の舎堂駅の授乳室を訪れ仰天した。ベビーベッド、おむつ交換台、ソファーなどが置いてあり、一見は他の授乳室と変わらなかった。しかし、離乳食などを温める際に使う電子レンジを開けてみると、中には黒い異物がこびりついており、とても使用できる状態ではなかったという。

少子化問題を解決するための事業の一環として、韓国では約10年前からソウルの地下鉄駅への授乳室の設置が始まり、現在は3駅に1つ、全部で88の授乳室が設置されている。しかし、衛生状態が悪く、清掃などの管理がまともに行われていないことから、その役割を十分に果たせていないという。そのため、地下鉄駅の授乳室1カ所当たりの1日の平均利用者数は1.6人に過ぎない。

ほとんどの授乳室が駅務室や顧客センターの中にあり、見つけづらいことも利用者数を減らす原因となっている。また、アジア経済の記者が5号線と8号線の乗換駅である千戸駅を取材中、駅の男性職員が何の断りもなく授乳室に入る様子もみられたという。

さらに、駅務室から離れている授乳室の場合、普段は鍵がかかっているため、呼び出しベルを鳴らして職員を呼ばなければ中に入ることができない。エアコンや扇風機の電源も切られているため、真夏は室内の温度が30度近くになる上、ハエなどの虫が飛び回っていることもよくあるという。授乳室を利用した市民からは「職員を待つのがとても不便だった。さらに不潔な室内を見て二度と利用しないと決めた」と不満の声が出ている。

韓国で地下鉄駅への授乳室の設置は「交通弱者の移動便宜増進法」を根拠にしているが、授乳室の管理規定や衛生基準などは定められていないという。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「ずさんな管理も悪いけど、利用する母親も自分の家と思って使うべき」「電子レンジなどは置かずに、ただ授乳できるスペースを作ればいい。韓国は市民意識が未熟だから」「利用者も管理者も民度が低い」「母親たちが利用しない理由はまさに、『母親たちの市民意識レベル』にある」など利用者側の責任を指摘する声が相次いでいる。

一方で「駅の職員はいつ見ても携帯で遊んでいる。掃除くらいしたらどう?」「いくらきれいに使っても、管理する人がいなければ汚れていくもの」との意見もみられた。

そのほか「有料にすればましになるのでは?」「人の見ていないところでは自分勝手にふるまう韓国人。見張り役の女性職員を1人置けば解決する」などと提案する声もみられた。(翻訳・編集/堂本
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する