<サッカー>日韓戦の「乱闘事件」、中国でも注目=“暴行”加えた韓国側を「人として負け」と非難、浦和へは「よく我慢した」と称賛

配信日時:2017年6月1日(木) 13時50分
<サッカー>日本選手に「暴行」加えた韓国選手に中国からも批判
画像ID  565299
サッカーのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)浦和レッズ対済州ユナイテッド(韓国)の試合の乱闘騒ぎが、中国でも注目されている。
サッカーのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)浦和レッズ対済州ユナイテッド(韓国)の試合の乱闘騒ぎが、中国でも注目されている。

31日の試合(第2戦)では、第1戦を0−2で落としていた浦和が序盤から攻勢に出る。前半のうちにFW興梠慎三と李忠成のゴールで2−0とすると、延長後半にDF森脇良太のゴールで勝ち越し、2戦合計3−2でベスト8進出を決めた。

ところが、この試合では済州のチョ・ヨンヒョンがラフプレーで2枚目のイエローカードを受けて退場になったほか、試合終了間際には小競り合いに飛び出してきて浦和の阿部勇樹に肘打ちを見舞った控えのペク・ドンギュが、試合終了後に再び起きた混乱ではクォン・スンヒョンが、それぞれレッドカードを提示され、退場処分となった。済州のチョ・スンファン監督は「レッズ側からわれわれを刺激する行為があった」と主張し、「敗者のマナーも必要だが、勝者のマナーも必要」と苦言を呈した。

この騒動はACL参加国の中国でも注目を集め、中国のスポーツメディアのほか、人民網や環球網といった主流メディアも取り上げている。主流メディアでは客観的に事態を伝えるところが多いが、中国のポータルサイト・今日頭条などで発信する多くの自メディア(個人や小規模のメディア)は、「恥ずかしすぎる」「暴力で腹いせ」「済州は試合に負け、人としても負けた」など、済州側を批判する論調が大半を占めている。

また、試合後に浦和の柏木陽介が、うなだれる済州の選手を慰めていたシーンを取り上げ、「どうしてこれほどまでに差が大きいのか。浦和の選手は相手を慰めたのに、済州の選手は狂ったように相手を追い回し殴る」と伝えるところもあった。

中国のネットの論調も、「本当に韓国は負けを認めない国だ」「中国サッカーより恥ずかしいのでは?」「韓国はスポーツでは昔からこう」など、大半が済州側を非難するものだ。また、「日本のホームスタジアムで日本の選手を追い回すとは…本当に恐れ入る」といった声や、「良い。これぞ韓国」と皮肉る声も。このほかにも、「日本のサポーターは優しすぎる。もし中国なら韓国選手を絶対にスタジアムから出さない」といった意見や、「日本の選手の対応は賢明だった」「浦和はよく我慢した」とたたえる声も寄せられている。

なお、この件についてはアジアサッカー連盟(AFC)が調査を行うとしている。(編集/北田
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 7

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 貴様は***** | (2017/06/06 21:39)

    ココにコメントをする嫌韓はいつものメンバーだ。毎度おなじみの敵対的なコメント以外に、もっと建設的なコメントは出来ないのかね?日本の底辺にいる民度の低い国民。悪い物は悪いと言っていいが、いつものように尾ひれをつけたりするな。真実を見ろ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ひだま***** | (2017/06/04 06:52)

    『“挑発された”と言って スグに腹を立てて暴力を振るう野蛮な韓国人(火病/忍耐機能不全)』vs 『韓国に暴力を振るわれても 絶対に暴力を振るわないクールな日本人』・・・・ 国民性の違い一目瞭然、簡単明瞭、自明の理
    このコメントは非表示に設定されています。
  • トムチ***** | (2017/06/01 18:03)

    >また、試合後に浦和の柏木陽介が、うなだれる済州の選手を慰めていたシーンを取り上げ、「どうしてこれほどまでに差が大きいのか。浦和の選手は相手を慰めたのに、済州の選手は狂ったように相手を追い回し殴る」と伝えるところもあった。 中国人はよく見ておるな
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事