あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!詳しくはこちら

なぜ?韓国でノーベル文学賞最有力と呼び声高い詩人に、ご近所から「出て行け」の声=韓国ネット「世界的文人に何てことを?」「気持ちは分かる」

配信日時:2017年5月26日(金) 23時10分
韓国でノーベル賞最有力と呼び声高い詩人に、近隣住民が「出て行け」
画像ID  564751
24日、韓国メディアによると、韓国で毎年のようにノーベル文学賞最有力候補として名の挙がる詩人の高銀氏(83)に、近隣住民とのトラブルが降って湧いた。資料写真。
2017年5月24日、韓国・SBSテレビなどによると、韓国で毎年のようにノーベル文学賞最有力候補として名の挙がる詩人の高銀(コ・ウン)氏(83)に、近隣住民とのトラブルが降って湧いた。高氏はソウル近郊の京畿道(キョンギド)水原(スウォン)市の邸宅に暮らしているが、その住宅近くに市民らが大勢押し掛け「出て行け」とデモをする騒ぎとなっている。

高氏が同地に越したのは2013年、水原市が「文化都市としてのイメージを高めたい」との理由で移住を説得したのに応じての転居だった。しゃれた一軒家は光教(クァンギョ)山の麓の緑豊かな地に立ち、3キロほど下った場所には光教貯水池の眺めが広がる。

しかしこの立地が問題だった。同貯水池は上水道保護区域に指定されており周辺の開発が制限されている。近隣住民は建物の増築や飲食店の営業をしたくても規制のためできないのが現状だ。しかし市は高氏に改装した家と宅地を提供、電気代その他の支援も行ったという。そのため住民らは「自分たちが徹底した規制下にあるのに、高氏だけが特別待遇を受けている」と反発しているのだ。

こうしたごたごたから、高氏自身が「引っ越しを考えている」と知人に漏らしたとの情報も伝わり、市民の間には、デモという強硬手段に出た住民らに批判の声も上がっている。高氏を「先生」と呼ぶある大学教授は「先生にこうした迷惑をお掛けすること自体が実に恐れ多いことだ」と語った。

一方、当初の目的から高氏に市内にとどまってもらいたいとする市側は、反発している住民らと規制緩和の可能性についてなどを改めて協議し問題の打開策を探る方針だ。

この問題に寄せられた韓国ネットユーザーの意見はさまざまだが、住民を非難するものが多数派のようだ。「この住民たちときたら…これが韓国のレベルだ」「デモをしてる人たちより多くの住民が高氏を誇りに思っている。世界的文人に対して何してくれるんだ?」といった声や、「デモは市役所に行ってやりなよ」との声も多く、「韓国人はいつもこうやって的外れな相手を攻撃する」との指摘もあった。

しかし、高氏の特別待遇を問題視する声もあり、「優れた文人だからって法の上に立つことはできない」「これは引っ越すべき」「住民の気持ちも分かる」「自分の電気代は自分で出さなきゃ」とのコメントや、「韓国は特別扱いの天国」「市役所だって、ほかに家を建てる場所があるでしょ」などの指摘も少なくなかった。(翻訳・編集/吉金)
あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!
詳しくはこちら
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事