コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

台湾でアジア初の同性婚容認へ、同性愛者の人気司会者ツァイ・カンヨンらが喜びのメッセージ―台湾メディア

配信日時:2017年5月25日(木) 13時30分
台湾でアジア初の同性婚容認へ、ツァイ・カンヨンらが喜び
画像ID  564565
24日、同性婚の合法化へ大きく前進した台湾で、これまで性的少数者への平等な権利を主張してきた人気芸能人が、それぞれ喜びの声を上げている。写真はツァイ・カンヨン。
2017年5月24日、同性婚の合法化へ大きく前進した台湾で、これまで性的少数者への平等な権利を主張してきた人気芸能人が、それぞれ喜びの声を上げている。聯合報が伝えた。

台湾で憲法判断を行う司法院大法官会議は24日、同性婚を認めない現行の民法規定は違憲であるとし、2年以内に法改正を行うよう命じた。これにより台湾で、アジアで初となる同性婚の合法化が実現することになった。

人気司会者で映画監督のツァイ・カンヨン(蔡康永)は01年、同性愛者であることをカミングアウト。当時の社会状況ではあまりに異例すぎる告白だっただけに、人々を驚かせた。今回の決定を受けてツァイ・カンヨンは、「私たちの立場は一貫して、この世界が愛に満たされることを望んでいる」とメッセージを公開している。

長年にわたって性的少数者を支持し、大規模なチャリティーコンサートなどを行って世間に訴え続けていたのが、台湾の歌姫アーメイ(張恵妹)だ。「これは大きな一歩で、法改正も順調に進むよう祈りたい」と喜びを伝えている。

女性歌手のジョリン・ツァイ(蔡依林)は、同性婚実現を願う市民団体に協力し、自らのコンサートでグッズ販売するなど、その活動を支えてきた。今回の決定について、「本当にうれしい!法改正が早く進みますように」とコメントを発表している。

さらに、レイニー・ヤン(楊丞琳)、AARON(アーロン/炎亞綸)、ソーダグリーン(蘇打緑)のチンフォン(青峰)など、これまで同性婚支持を明らかにしてきた芸能人たちも、それぞれ喜びの声を上げている。(翻訳・編集/Mathilda
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • mal***** | (2017/05/29 11:03)

    台湾は進んでいるなあ・・
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2017/05/25 18:35)

    遠い未来か近い未来かは分からないが、性染色体を変換できる技術が生まれれば、解決する問題なんだろうけどね。 遺伝子関連は倫理がどうのという壁が常に立ちはだかるが、何も人間一人丸ごと複製して実験しなきゃならないものでもない。臓器一個でもいいし、性に関することなら生殖器の分化を見られさえすれば済む話だ。成体のゲノムを書き換えるというのは難しいかもしれないが、理論的に不可能な事でもないだろう。 性に違和感を持って生活するのは辛い事かもしれない。オネエキャラで笑いを取っているだけなら平和なものだが、本気で悩んでいる人も多い。 遺伝子関連に付き纏う「倫理の壁」も、やり方一つで乗り越えられるのではないだろうか。 遺伝子疾患の駆逐や性の一致など、人類の幸福に資するなら、決して危険なばかりの技術ではないと思うが。
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する
<







/body>