台湾でアジア初の同性婚容認へ、同性愛者の人気司会者ツァイ・カンヨンらが喜びのメッセージ―台湾メディア

配信日時:2017年5月25日(木) 13時30分
台湾でアジア初の同性婚容認へ、ツァイ・カンヨンらが喜び
画像ID  564565
24日、同性婚の合法化へ大きく前進した台湾で、これまで性的少数者への平等な権利を主張してきた人気芸能人が、それぞれ喜びの声を上げている。写真はツァイ・カンヨン。
2017年5月24日、同性婚の合法化へ大きく前進した台湾で、これまで性的少数者への平等な権利を主張してきた人気芸能人が、それぞれ喜びの声を上げている。聯合報が伝えた。

台湾で憲法判断を行う司法院大法官会議は24日、同性婚を認めない現行の民法規定は違憲であるとし、2年以内に法改正を行うよう命じた。これにより台湾で、アジアで初となる同性婚の合法化が実現することになった。

人気司会者で映画監督のツァイ・カンヨン(蔡康永)は01年、同性愛者であることをカミングアウト。当時の社会状況ではあまりに異例すぎる告白だっただけに、人々を驚かせた。今回の決定を受けてツァイ・カンヨンは、「私たちの立場は一貫して、この世界が愛に満たされることを望んでいる」とメッセージを公開している。

長年にわたって性的少数者を支持し、大規模なチャリティーコンサートなどを行って世間に訴え続けていたのが、台湾の歌姫アーメイ(張恵妹)だ。「これは大きな一歩で、法改正も順調に進むよう祈りたい」と喜びを伝えている。

女性歌手のジョリン・ツァイ(蔡依林)は、同性婚実現を願う市民団体に協力し、自らのコンサートでグッズ販売するなど、その活動を支えてきた。今回の決定について、「本当にうれしい!法改正が早く進みますように」とコメントを発表している。

さらに、レイニー・ヤン(楊丞琳)、AARON(アーロン/炎亞綸)、ソーダグリーン(蘇打緑)のチンフォン(青峰)など、これまで同性婚支持を明らかにしてきた芸能人たちも、それぞれ喜びの声を上げている。(翻訳・編集/Mathilda
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • geo***** | (2017/11/16 14:04)

    (2)原則としてこれを国家によって制限されることはないものであり、すべての国民は原則として同等の権利を国家に対して持つものである。たとえば表現の自由は男には認められるが女には認められないというようなルールは男女差別であり許されない。これに対し特権とは、特に保護の必要があると国家が合理的に認めるものであり、特定の対象に対して特別に優遇的地位を与えるものである。特権においては特権を与えられた人とそうでない人との間で必然的に区別が生ずるが、これは合理的理由に基づくものであり差別ではない。たとえば人間国宝とされることは特権を与えられることであるが、人間国宝になれなかったからといって差別を主張することはできない。結婚も男女のあいだの関係に限って認められるのは、将来子孫を持つことが一般的に期待され、それが全国民にとって利益になることが期待されるから特に保護されるのである。(終)
    このコメントは非表示に設定されています。
  • geo***** | (2017/11/16 13:48)

    (1)先進国はどこも病んでいる。その象徴が同性婚合法化運動である。ここには何でも他と区別することは全て差別であるという過激思想(ポリティカル・コレクト)がある。さらに欧米では同性愛が宗教的見地から刑事罰の対象となり弾圧されてきた歴史もあり、黒人差別や女性差別の延長線上で同じような差別問題として捉えられており、米国のアファーマティブ・アクションとの類推で、過去の補償として同性婚合法化が語られているように思う。しかし両者は全く別物である。黒人差別や女性差別は生まれながらの本人の属性による差別であり個人ではどうしようもないのに対し、同性愛はあくまで本人の好みの問題である。入墨が好きな人が入墨を入れたところそれが嫌いな人に嫌われたとしても仕方がないのである。それと同じなのだ。そもそも結婚は権利ではなく、特権と考えるべきである。この区別は、権利とは人が生まれながらに有しているものであり、(続く)
    このコメントは非表示に設定されています。
  • mal***** | (2017/05/29 11:03)

    台湾は進んでいるなあ・・
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事

<