<中国人観光客が見た日本>戦争を嫌う日本人の心が見えた2つの美術館訪問

配信日時:2017年5月27日(土) 13時20分
<中国人観光客が見た日本>戦争を嫌う日本人の心が見えた美術館訪問
画像ID  564470
日本を旅したある中国人が、2つの美術館訪問を通じて感じた日本人像についてつづっている。
今回の旅の目的は子どもを連れて日本文化を肌で感じることだ。宮崎駿監督の大ファンである私たちが最初に向かったのは「三鷹の森ジブリ美術館」。JR三鷹駅から往復320円の直通循環バスが出ているが、歩いても15分ほどだ。沿線の景色はとても美しい。切符売り場のトトロを見たときは、興奮のあまり涙が出そうになった。指定された入場時間に到着すると、フィルム付きの切符を渡された。館内は撮影禁止だ。

他の美術館と違うのは、まるで迷路のような空間になっていることだ。館内の至る所からアニメーターの独創性が感じられ、さらに映像展示室もある。宮崎監督の作品はいつもぬくもりを与えてくれる。館内はまるでアニメの世界に入り込んだようで気持ちが高ぶる。監督は愛煙家だそうで、展示室の机の上にはタバコの吸い殻が残る灰皿まで置かれていた。パンフレットには「迷子になろうよ、いっしょに。」という美術館のコンセプトが書かれている。館内撮影禁止の理由はこれにあるのかもしれない。監督直筆のコマなども展示されていて、絵を描くのが好きな人にはたまらないだろう。屋上と屋外は撮影可能だ。見学を通じて作品の背後にある制作者の苦労まで感じ取ることができた。

すぐに都心に戻る予定だったが、駅近くに「三鷹市美術ギャラリー」があることを知り、足を運んでみた。木版画家・切り絵作家として有名な滝平二郎氏の企画展が開催されていた。農家に生まれ、第2次大戦末期に出征した滝平氏。農村の日常を題材にした作品は温かく、戦争をありのままに描写した作品は恐ろしさであふれている。

宮崎氏と滝平氏の作品から感じられるのは、日本人の内心は質素で善良であり、平和を愛し、戦争を憎むということだ。中国と日本が仲良く付き合えるようになってほしい。これは誰もが持っている心の声だ。(翻訳・編集/柳川)
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 貴様は***** | (2017/11/11 22:53)

    安倍首相の言う国難という真実 https://news.goo.ne.jp/article/mag2/world/mag2-328832
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2017/05/29 21:02)

    日本人は流されやすいからね。 良くも悪くも団体行動には適している。自分の頭でちゃんと考える事ができるなら、戦前も現在も、この国が如何に歪で危ういかが理解できる筈なんだが。 明治維新は平民の革命ではなかったから、日本人は常に「上の言葉」に容易に従ってしまう。 「目上の言う事は「聞け」という教育が長い間なされてきたから、「目上」が善でも悪でもお構いなしに言うことを聞くし、ましてや「目上」の「人間性」を考えるなんてしてこなかった。 だから、未だに与党を盲目的に信用する人達がいる。そして、自分や子孫の命運を左右するレベルの大切な事をすら、目上ないしは「誰か」に託してしまいがちだ。 日本は民主主義。放っておいても独裁国家になんかなりはしない。 そう思ってるなら大間違いだ。ナチスを産んだドイツも、当時は世界で最も先進的な民主主義憲法であると謳われた「ワイマール憲法」の下で台頭したのだから。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 日本人***** | (2017/05/27 15:59)

    解雇に追いやって自国民の人生を破滅させることに生きがいは感じている民族だけれどな。
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事

<