コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

巨匠・宮崎駿監督が「引退撤回」、「やっとこの日が!」中国では歓迎ムード一色―中国

配信日時:2017年5月20日(土) 12時40分
巨匠・宮崎駿監督が「引退撤回」、中国では歓迎ムード一色
画像ID  564029
19日、アニメ界の巨匠・宮崎駿監督の「引退撤回」が明らかになったことで、中国のネットユーザーからの反応は「歓迎」の声が大半を占めている。写真は宮崎駿監督。
2017年5月19日、アニメ界の巨匠・宮崎駿監督の「引退撤回」が明らかになったことで、中国のネットユーザーからの反応は「歓迎」の声が大半を占めている。鳳凰網が伝えた。

スタジオジブリは19日、宮崎駿監督が新しい長編アニメーション映画を制作すると発表。これにより監督の「引退撤回」が明らかになり、ホームページでは「年齢的には今度こそ本当に最後の監督作品になる」と公表されている。監督は13年、「風立ちぬ」を最後に長編作品からの引退を明らかにしていたが、昨年11月に放送されたNHKの番組で長編アニメ映画の構想があることを明かしていた。

中国でも数多くの人々に支持されているジブリ作品だけに、この知らせについてネットユーザーが見せる反応は「歓迎」ムード一色。「やっとこの日が来た!」「愛すべきおじいちゃん。ヒマを持て余したんじゃないの?(笑)」「何度でも引退撤回してくれ」「今のアニメは音も画面も騒がしいだけ。ジブリ作品は新しい世界を見せてくれる」「中国で最も愛される日本人は“福原愛”かもしれない。でも“宮崎駿”が一番だと言う人も多い。もちろん私もその1人」などのコメントが並び、やゆや中傷的な言葉はほとんど見られない。(翻訳・編集/Mathilda)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 乌鸦嗒***** | (2017/05/20 14:35)

    NHKのNスペ「終わらない人 宮崎駿」のタイトルは秀逸.... 本日開店と毎日広告を張り出しているパチ屋といい勝負なの だが、中学の頃の小生の語感に与えた影響も大きい。その土 俵の上でNHKが打ったタイトルは、なかなかよかった。 中国では両手で\(^o^)/のようだが、日本の評価は辛く、 辞める辞める詐欺とやゆする声も多い。このじいさんは、 終わらないだろう。「辞める」と言うのが終わらないのだ...
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事