韓国の学者の国際的信頼が失墜、最高学府ソウル大の教授がデータ改ざんで論文を撤回=「ノーベル賞が取れないわけだ」―韓国ネット

配信日時:2017年5月19日(金) 10時40分
韓国最高学府ソウル大の教授がデータ改ざんで論文を撤回
画像ID  563755
17日、韓国の最高学府とされるソウル大の教授と博士課程の大学院生が共同作成した論文8編のデータに問題があることが発覚、国際学術誌に掲載された論文が撤回されていたことが分かった。写真はソウル大。
2017年5月17日、韓国の最高学府とされるソウル大の教授と博士課程の大学院生が共同作成した論文8編のデータに問題があることが発覚、国際学術誌に掲載された論文が撤回されていたことが分かった。韓国・聯合ニュースなどが報じた。

ソウル大は17日、同大工学部の教授が責任著者、博士課程の大学院生が第1著者として作成した論文8編について研究倫理違反の問題が提起され、調査に着手したことを明らかにした。調査を経て近いうちに懲戒委員会を開き、彼らを懲戒する予定だという。同大関係者は「教授が直接改ざんに関与したというより、大学院生の研究管理と監督が不十分だったとみられる」と述べた。

論文発表には新たな実験データとそれを基にした論証が必要だ。しかし、問題の教授と大学院生は、2015年8月に国際学術誌に掲載された自分たちの論文の、図表や根拠が明らかでない複数のデータを使っていた。しかもこの図表も操作されたものだった。この事実が明らかになると「国際物理学会誌」が論文の掲載を取りやめ、その後、教授と大学院生は世界的学術誌に掲載した論文4編を自ら撤回した。

撤回された5編の論文の中の1編は世界的な学術誌「ネイチャー」の姉妹誌「Scientific Reports」で、問題となった論文の前には撤回されたことを知らせる文章とともに、「論文に使われたデータが改ざんされたか、または他の論文に掲載されたものと重複する」「すべての著者はこの問題を認めており論文を撤回することにも同意した」との内容が記載された。

今回の不祥事を受け、同大工学部の関係者は「論文を自主的に撤回するのは著者が論文に重大な欠陥があると自ら認めることで、非常に異例なこと」とし、「当事者にも不名誉なことだが、国際学界における韓国の学者の信頼が低下し、韓国国内の他の学者にも被害が及ぶ」と述べた。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「徹底的に調査して、学位剥奪など重い懲戒処分を望む」「ソウル大学はこんなことをして論文数を稼いでいるから、韓国で1番になれるんだ」「ノーベル賞が取れないわけだ」「ソウル大を廃止しろ」「ソウル大も終わったな」など、厳しい意見が寄せられた。

また、「大きな事件だけど、韓国人には関心がない」とする声もあった。(翻訳・編集/三田)
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 7

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事