コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

ジョニー・デップ「命懸けのサイン」にファン感涙!「パイレーツ・オブ・カリビアン5」がワールドプレミア―上海

配信日時:2017年5月13日(土) 15時50分
ジョニー・デップ「命懸けのサイン」にファン感涙!―上海
画像ID  563157
11日、人気シリーズ最新作「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」のワールドプレミアが上海ディズニーランドで開催され、ジョニー・デップ、オーランド・ブルームら出演者が姿を見せた。
2017年5月11日、人気シリーズ最新作「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」のワールドプレミアが上海ディズニーランドで開催され、ジョニー・デップ、オーランド・ブルームら出演者が姿を見せた。捜狐が伝えた。

中国では今月26日から公開となるファン待望の最新作。11日、ワールドプレミアにはジョニー・デップをはじめ、オーランド・ブルームやブレントン・スウェイツらの姿を見ようと大勢のファンが押し寄せた。レッドカーペットではジョニー・デップが、セキュリティーに周囲をがっちりガードされながらも、ファンの求めに応じてサインや写真撮影などのサービスもたっぷり。喜びで半狂乱になったファンたちにサービスを尽くす姿が、「命懸けのサイン」などと中国メディアに報じられている。

中国では第1作目の「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」が03年に公開され、興行収入は2700万元(約4億4000万円)だった。2作目は上映されなかったが、3作目が1億2600万元(約21億円)、4作目が4億6400万元(約76億円)と、着実に数字を伸ばしてきた。間もなく公開される5作目までの間に、中国は米国に次いで世界第2位の映画市場へと急成長。上海ディズニーランドでワールドプレミアを開催したことで、ハリウッドがますます中国市場を重視していることが読み取れる。(翻訳・編集/Mathilda)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する
<







/body>