コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

日本が主導して慰安所を運営した証拠に?韓国が「慰安婦の服」を復元し公開=韓国ネット「日本だけが知らないふり」「お金で解決しないで」

配信日時:2017年8月3日(木) 12時10分
日本が主導して慰安所を運営した証拠?韓国が慰安婦の服を復元し公開
画像ID  562837
2日、韓国メディアによると、旧日本軍従軍慰安婦の着ていた服が韓国で公開された。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せている。写真は韓国にある日本軍慰安婦歴史館。
2017年8月2日、韓国・KBSなどによると、旧日本軍従軍慰安婦の着ていた服が韓国で公開された。

韓国行政安全部の国家記録院は2日、国立日帝強制動員歴史館に保存処理を依頼した慰安婦の衣服2点(作業着1点と和服の下着1点)の引渡式を行ったと明らかにした。

慰安婦の衣服は奈良県にある柳本海軍飛行場内の慰安所で発見された。韓日文化研究所のキム・ムンギル所長が2007年に収集し、2016年に国立日帝強制動員歴史館に寄贈した。

国立日帝強制動員歴史館は衣服2点を今月14日の「世界慰安婦の日」や15日の「光復節(日本からの解放)」を記念した展示会などで使用する予定。

キム・ウリム国立日帝強制動員歴史館長は「国家記録院で遺物の保存処理と共に資料の調査が行われ、慰安婦の作業着が日本の陸軍被服廠で制作・配布されたものである事実が証明された」と明らかにし、「慰安婦についての新たな歴史的事実が明らかになったことに深く感謝している」と述べた。

これについて、キム・ムンギル所長は「日本政府が主導して慰安所を運営した事実を示す証拠になり得る」と説明した。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「日本が過去の歴史問題を解決、清算しない限り、日韓が友好的な関係を構築することは難しい」「世界中が日本の罪を知っているのに日本だけが知らないふり。本当にまぬけだ」など日本に対する厳しいコメントが寄せられている。

また、「国が組織的に従軍慰安婦を管理していた証拠だ。いくら否定しても真実は消えない」と主張する声や、日本に向けて「慰安婦問題をお金で解決してほしくない。被害者のおじいさん、おばあさんたちに心から謝罪してほしい」と訴える声も。

そのほか「性奴隷が正しい表現。韓国メディアまでもが慰安婦という言葉で美化する理由は?」と指摘する声もあった。

一方で「その衣服が慰安婦のものだったと断定できるの?日本軍人のものだった可能性も…。証拠を増やすためにうそをついているのではないか?」と疑う声や、「韓国が先にベトナム戦争の被害者に謝罪、賠償するべき」「過去より未来が大切。過去に縛られ過ぎてはいけない」と主張する声もみられた。(翻訳・編集/堂本)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 12

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • pik***** | (2017/08/17 11:05)

    復元した服が証拠に成る・・・韓国って素晴らしい国ですね。   知能が狂ってる・・証拠を出したようなもの。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ひだま***** | (2017/08/06 01:40)

    「想像力(イマジネーション)/絵(目→脳の視覚/イメージ)を描く能力=イメージ形成機能=コピー形成機能/メモリー(記憶/感覚)細胞=イメージ形成再現・再生機能・・・・①白紙(無記憶/未記憶状態)に目からの視覚情報を視床下部(海馬/一時記憶・再現の場)直接再現すると同時に大脳に記憶している、または ②大脳皮質(視覚野/感覚野)に記憶している視覚情報を一時記憶・再現の場)に引っ張り出して再現しているに他ならない。 私達は目で物事を捉え見ていると思っているが その実 目に意識(注意力/集中力/気力)を集めて物事を捉え見ているに他ならない。    私達は 「足で歩いている」のではなく、目を瞑って歩いてみれば判る様に 正しくは「目の働きに助けて貰って 歩いている」に他ならない。 この様に、実際には 教科書に載っていることや皆さんの思っていることとは全く違う次元で物事は成り立っているのです。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • geo***** | (2017/08/04 16:16)

    つい先日NHKBS1で大変面白い番組(”メモリー・ハッカー”)を見た。「記憶とは脳のどこかに固定化されているようなものではない」という。あるまとまった記憶は、その断片が脳の色々な場所にばらばらに存在し、それを思い出すときに再構成されるのであるが、そのとき記憶の内容は変化を免れないという。特に「こんなことが本当にあったかもしれない」とイメージすると誤った記憶が生まれやすくなるという。また、外部からの「にせの記憶」の挿入も可能らしい。さらに動物実験では、記憶の書き換えも可能なことが示されているらしい。これをみると、朝鮮人慰安婦が嘘をついていると考える必要はなく、韓国の周囲の環境に晒されているうちに「親に売られた」記憶が抹消され、日本軍に強制連行された」記憶が挿入されたと考えればよいのではないか。再放送(NHKBS1/8月10日(木)17:00~18:00)を是非見てほしい。
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事