コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

国連委員会が「日韓合意」見直しを勧告、韓国ネット沸き立つ=「新政権になって早々の朗報」「大義名分ができた!」

配信日時:2017年5月13日(土) 12時0分
国連委員会が「日韓合意」見直しを勧告=韓国ネット沸き立つ
画像ID  562829
13日、韓国・ニュース1によると、国連人権高等弁務官事務所傘下の国連拷問防止委員会が12日(現地時間)、日韓政府による慰安婦合意の内容を見直すよう勧告した。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。釜山の慰安婦像
2017年5月13日、韓国・ニュース1によると、国連人権高等弁務官事務所(UNOHCHR)傘下の国連拷問防止委員会が12日(現地時間)、日韓政府による慰安婦合意の内容を見直すよう勧告した。

国連拷問防止委員会は、「2015年12月28日の両国外相間の合意を歓迎する」としながらも、「拷問防止条約14条履行に関連し、十分な順守が行われなかった」と指摘した。UNOHCHRは、この内容が入った報告書をウェブサイトに掲載している。

国連拷問防止委員会は報告書で「慰安婦被害者に対する補償と名誉回復、真実究明、再発防止などの合意が不十分」と述べている。また、「まだ38人の被害者が生存している」とし、彼女らのために合意内容を見直すよう促した。

慰安婦問題における「日韓合意」は慰安婦問題の最終的かつ不可逆的な解決を目的とし、2015年12月28日に日本国政府と大韓民国政府との合意として、日韓外相会談の際に締結されたものだ。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「新政権になって早々の朗報だ」「文在寅(ムン・ジェイン)大統領に期待する」「国連も慰安婦合意の内容を見直すよう勧告した。これで大義名分もできた」「国連も合意内容が不足だと指摘した」など、国連拷問防止委員会の勧告を歓迎する意見が多く寄せられた。

また、「合意は破棄して被害者の尊厳を守ろう」「再交渉を望む」など、合意の見直しを望む声も寄せられた。(翻訳・編集/三田)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 18

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 貴様は***** | (2017/05/15 10:14)

    韓国をけなす割には、何かと言うと韓国、韓国、、。詭弁を弄して、きゃんきゃん吠えて、あとあなた何年生きられる?その年月を吠え続けて人生終わる?人生を不公正で終わったのでは後が怖いよ、、。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ひだま***** | (2017/05/14 11:18)

    国連委員会が「日韓合意」見直しを勧告・・・・同様に、日本は 国連委員会に対して 「クマラスワミ報告」見直しを勧告/告訴 韓国同様に、未だに国連そのものに 韓国人・朝鮮人による卑しくダーティなロビー活動(根回し/裏工作/贈賄/袖の下/金銭授受/私腹肥やし体質/悪癖/腐れている思考/私利私欲/未開性)が続けてられていることに対する根絶/撲滅/体質改善が問われているに他ならない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ひだま***** | (2017/05/14 10:53)

    1994年3月4日、国連人権委員会がスリランカ出身のラディカ・クマラスワミを特別報告者に任命して提出させた同年の報告に於ける附則「戦時中に於ける軍事的性奴隷問題」を朝鮮民主主義共和国、大韓民国および日本を訪問調査(聞き取り調査)に基づいて報告された通称「クマラスワミ報告」が そもそも根本/根冠/原点/原本/先入観念/既成概念/根拠/根源として根本にある。 そもそもク国連という名前の下でマラスワミの行った調査方法が 果たして正しかったかどうか・公平性が未だに指摘され問われ疑問視されているに他ならない。 同文書は 韓国の市民団体の「被害者は いまも生きている、生き証人がいる」という強い働きかけを受けて附録されたものであり、実証/物的証拠/物証に基づかない 単に 曖昧な記憶と感情による主張によるもの(大義名分/非科学的主張/弁論的・弁証的主張/口頭記述)であるに他ならない。
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事