あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!詳しくはこちら

韓国新政府の業務が難航?大統領府のシステムに残されていた資料に韓国ネットが驚き「国政がまひしてしまう」「国民の予想をはるかに超えた」

配信日時:2017年5月16日(火) 7時10分
韓国新政府の業務が難航?大統領府のシステムに残された資料は…
画像ID  561187
15日、韓国メディアによると、韓国の朴槿恵前政府の大統領府のシステムには各種の報告書などが記録されておらず、会議室の予約内容など実際の業務に役立たないものばかり残されていることが明らかとなった。写真は韓国大統領府。
2017年5月15日、韓国・JTBCによると、第19代韓国大統領に就任した文在寅(ムン・ジェイン)氏は政権引き継ぎ期間が一切ないまま、新政権をスタートさせることになった。さらに、朴槿恵(パク・クネ)前政府の大統領府のシステムには各種の報告書などが記録されておらず、会議室の予約内容など実際の業務に役立たないものばかり残されていることが明らかとなった。

報道によると、大統領記録官は3日、大統領府に対し、大統領府の電子システムに登録された資料を整理し提供するよう求める内容の文書を送付した。これを受け、朴槿恵政府は電子記録物934万件を大統領記録官に提供し、このうち約10万件を最大30年間非公開にできる「指定記録物」とした。しかし、新政府が前政府の業務内容を確認するため電子システムにアクセスしたところ、残されている資料は単純な公示事項や会議室の予約票など基礎的な資料がほとんどであることが確認された。

大統領府関係者は「盧武鉉(ノ・ムヒョン)政府で使われていた電子システム『e知園』にあった各室ごとの年間業務計画や課題管理、業務成果評価、会議管理などの記録はほとんどない」と明らかにし、「前政府はほとんどの資料を紙で印刷し報告した後、廃棄するものは廃棄し、ほかは指定記録物としてまとめてしまったようだ」と説明した。新政府は引き継ぎ資料どころか、すぐに処理すべき各種の懸案事項がこれまでどのように進められてきたのかを知る方法すらないということになる。指定記録物は目録が公開されないため、前政府がどのような資料を廃棄し、どのような記録物を封印したのかも確認できないという。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「本当なら大変なこと」「何をそんなに隠したいのか…」「指定記録物を取り消すべき」「国政がまひしてしまう。特殊ケースであることを立証し、30年間の封印を解かなければならない」「これまで国が滅びなかったことが奇跡」「仕事をしていなかったか、横領ばかりしていたか、二つに一つだ」「信じられない。一般の会社員でも許されない行為を政府が?」「朴槿恵政府の行動はいつも国民の予想をはるかに超えてくる」「朴槿恵は最初から最後まで1回も国の役に立っていない」「朴槿恵は4年間何をしていたの?大統領府でお姫様ごっこをして遊んでいたの?」など驚きや不安、朴槿恵政府に対する批判の声が上がっている。

その他「文在寅政府は個人の実力だけで戦っているということ。それがよりすごくて恐ろしい」「文大統領は苦労するだろうけど国民は強く信じている。韓国を希望の見える国にしてほしい」など文大統領を応援する声もみられた。(翻訳・編集/堂本)
あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!
詳しくはこちら
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

新大統領就任で日韓関係はどうなる!?
投票する

SNS話題記事

<







/body>