コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

在日韓国人が最も多い都道府県はどこ?在日中国人と傾向に違い

配信日時:2017年4月13日(木) 18時10分
在日韓国人が最も多い都道府県はどこ?在日中国人と傾向に違い
画像ID  559441
16年末時点で在日韓国人が最も多い都道府県は大阪府であることが分かった。写真は大阪府。
2016年末時点で在日韓国人が最も多い都道府県は大阪府であることが分かった。

法務省がこのほど発表した資料によると、16年末時点で日本に在留する韓国人の数は前年比で約4700人減少し45万3096人となった。中国人(69万5522人)に続いて2番目に多かった。

在日韓国人の数を都道府県別で見ると、大阪府が10万4102人で最も多く、2位には東京都(9万763人)、3位には兵庫県(4万1200人)が続いた。トップ10にはこのほか、愛知県(3万1015人)、神奈川県(2万7660人)、京都府(2万4951人)、埼玉県(1万5630人)、福岡県(1万5516人)、千葉県(1万5470人)、広島県(7848人)が入った。

一方、少なかったのは徳島県(319人)、鹿児島県(498人)、高知県(527人)、秋田県(543人)、宮崎県(554人)、佐賀県(657人)、島根県(670人)、青森県(764人)、岩手県(788人)、香川県(866人)の10県だった。

全体的には減少しているものの、東京都、埼玉県、千葉県など10の都道県では増加している。

また、都道府県別の在日中国人の数は東京都が19万444人で最も多く、神奈川県(6万2493人)、埼玉県(6万342人)、大阪府(5万6217人)、愛知県(4万6283人)が続いた。地方別の割合を見ると、在日韓国人は関西地方に多く、在日中国人は関東地方に多かった。(編集/堂本
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • TAV***** | (2017/05/07 00:02)

    在日韓国人と何か些細なコト(正当な理由)で揉めたら外国人登録証や在留許可証等の提示を求める。提示があれば内容を確認して(期限が切れていなければ)基本解放していい。期限切れ不可、コピー不可。運転免許証等も不可。 在留外国人の登録証不携帯は刑法犯罪。もし拒んだり、不携帯、期限切れだったらその場で「外国人登録法」「難民認定法」違反(提示の拒否と不携帯、失効)で「民間人による現行犯逮捕」が可能。 その際は在日韓国人に「登録法違反」である事を明確に告げることが重要。そのまま警察に通報、警察官に引き渡せばいい。 ヘイトは違法行為だが許可証の確認は違法行為の摘発、犯罪行為の防止だから無問題。ただ最寄りの警察署に確認したら「確かに民間人による逮捕はその通りだが逆上される危険も在るのでお奨めは出来ません」でした。 自分ね、百人町に2年居たが17人の在日韓国人を登録法違反で現行犯逮捕。警察に突き出しました。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 名無し***** | (2017/04/14 20:31)

    どうりで関西は嫌韓の人が多いと感じていた。以前はタブーだったようだ
    このコメントは非表示に設定されています。
  • YAM***** | (2017/04/13 19:30)

    大阪の犯罪率が高い理由がわかります。
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する