コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

韓国軍が約束守らぬ米国に決別宣言?「軍事技術の施し、もう結構」=韓国ネット「米国人を信じてはいけない」「国産武器で自立しよう」

配信日時:2017年4月11日(火) 16時20分
韓国軍が約束守らぬ米国に決別宣言?「軍事技術の施し、もう結構」
画像ID  559055
11日、韓国・イーデイリーによると、韓国軍が米国政府からの武器購入において行ってきた「折衷交易」を中断すると決定した。米国による約束不履行が続き、韓国軍の戦力増強事業に支障が出てきたためだという。資料写真。
2017年4月11日、韓国・イーデイリーによると、韓国軍が米国政府からの武器購入において行ってきた「折衷交易」を中断すると決定した。米国による約束不履行が続き、韓国軍の戦力増強事業に支障が出てきたためだという。

折衷交易とは、政府間の武器取引において物資や技術を追加で提供する方式。例えば韓国軍が米国から100億ウォン(約10億円)の武器を購入した場合、米国がこれに加えて10〜50億ウォン(約1〜5億円)相当の関連技術を韓国に移転したり、韓国企業への販路保証を受けたりできる。しかし10日、韓国防衛事業庁は、折衷交易に関する内部指針を改正、今年から米政府との武器取引においてこうした方法を取らないことを決めた。

記事はこの決定について、米国からこれ以上「カモ扱い」をされまいとの韓国軍の決意の表れと指摘する。韓国国防部によると、昨年までの10年間で、韓国政府は米国に対し折衷交易による2491件の技術移転を求めたが、実際に移転が行われたのはそのうち34%にすぎない。米国が約束した技術支援時期をたびたび遅らせたほか、核心技術の移転について約束を破ったこともあったという。

防衛事業庁関係者は今後の方針について「折衷交易の代わりに国内の技術を最大限活用し、海外から導入すべき技術を妥当な価格で購入していく」と話している。

この報道に韓国のネットユーザーから多数のコメントが寄せられているが、「国際的なカモの韓国軍もようやく正気になったか」「これからはちゃんと考えから買おうね」「米国だけじゃなくて欧州にも目を向けるといいと思う」「ビクビクしてないで国産武器を開発し自立しよう」「戦時中というわけでもあるまいし、技術なんかもらってないで研究すべきだ」など、軍の宣言を肯定的に受け止める声が大勢のようだ。

また、「米国人を信じてはいけない」「米国は中国より教養のあるチンピラみたいな存在」と米国を非難するコメントのほか、「なんかそれっぽいこと言ってるけど、裏がありそう」「どうせ口だけ」「大統領選があるから思いついたのかな?」と、宣言に疑念を投げ掛けるコメントもあった。(翻訳・編集/吉金
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 11

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Dr.***** | (2017/07/27 13:23)

    戦時中というわけでもあるまいし・・・って 北朝鮮と戦争中なのに韓国人はおかしいのか?
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 秀真く***** | (2017/04/13 19:32)

    (笑)なんだこれ・・・韓国軍「軍事兵器を買ってやるから、サービスで技術もよこせ!!その技術で我々が儲けてウハウハだ〜!!」とかKFXの時にも言ってたけど、本気だったのか(苦笑) そんな韓国にだけ都合がよくて、米国が損失しかしない事を、あの米国が約束なんかするワケねーだろ。 てか、韓国って、米国の兵器売買が政府が仲介するって事を本気で無視して、メーカー突撃とかするからな〜。 KFXの報道は抱腹絶倒の展開だったんで、韓国国内の報道をずっと追ってたよ。 米国側と技術移転の契約なんかしてないのに、韓国側が思い込みで自分の交渉成果を誇りたくて「米国から技術移転してもらってKFXを開発する」とぶちあげて自爆した展開は見事だった!
    このコメントは非表示に設定されています。
  • tem***** | (2017/04/11 23:33)

    やはり朝鮮人は弱い。そして卑怯だ。 結論を先に言おう。これは明らかに北朝鮮と中国に対するシークレット・メッセージ。「トランプはマジで北朝鮮に先制攻撃を加えるつもりだが、われわれ韓国軍および韓国政府は絶対反対の立場ですからね。だから間違ってもソウルを火の海にしないでくださいね」のアリバイ作りを行っているのだ。 大統領選までもはや一ヶ月を切っている。こんな権力の空白期間にわざわざ武器購入に関するディテールの話で今米国にイチャモンをつける必然性はまったくない。韓国軍および韓国政府はわざと「今現在韓国軍および韓国政府は、米軍および米国政府と水面下でトラブっています」と公表して見せたのだ。なぜわざと今そういう事をあえて公表したのか?それが冒頭の結論という事。 この事態からわれわれ日本人が受け取るべきことは「やはりトランプは本気らしい」という気配だろう。
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する