コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

中国で急速に進むキャッシュレス化は政府が賢明であることの証し?=中国ネットからは問題点を指摘する声

配信日時:2017年4月11日(火) 15時30分
中国で急速に進むキャッシュレス化は政府が賢明であることの証?
画像ID  558792
8日、中国メディアの参考消息が、聡明な政府こそキャッシュレス化社会を推進するとする記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真はアリペイ。
2017年4月8日、中国メディアの参考消息が、聡明な政府こそキャッシュレス化社会を推進するとする記事を掲載した。

記事は、北欧や中国などの電子マネーやインターネット金融が発展している国では、持ち歩く現金がますます少なくなっており、現金の使用頻度は低くなるばかりだと指摘。例えば中国では、多くの露天商がQRコードを準備しアリペイやWeChatで支払いができるようにしているほか、物乞いまでQRコードを持っており、電子マネーでの施しができるようになっている。

最近行われた調査では、70%の中国のネットユーザーが「現金はもはや生活の必需品ではない」と回答しており、7億人以上いる中国ネットユーザーの6割が実際にモバイル決済をよく利用している。

記事は、聡明な政府はキャッシュレス社会を歓迎するものだと主張。その理由として、ニセ札や地下銀行の取り締まり、脱税や腐敗に関係した取引の取り調べが容易になることを挙げた。

さらに、電子マネーでの決済は、すべての取引データが残るため、こうしたデータは追跡することができるという利点がある。つまり、すべての電子マネーによる取引は法の目をかいくぐることはできず、この点が現金とは大きく異なっているという。

これに対し、中国のネットユーザーから「うちの母は70歳だが、毎日朝市で野菜を買う時スマホで決済している」とのコメントがあり、中国ではキャッシュレス化がいかに進んでいるかを垣間見ることができる。

しかし、「モバイル決済の最大の問題は、買い物するときはうれしいけど毎月の明細書を見ると心が引き裂かれる思いになることだ」、「アリペイやWeChatでの支払いをするようになってから、前よりもお金の減りが速くなったと思う」と、問題点を指摘するコメントもあった。(翻訳・編集/山中)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2017/04/11 19:57)

    消費者が大量に現金を使えば、市場に流通する通貨の価値が下がり、相対的に物価が上がって消費が抑えられる。逆に消費が低下すると、通貨の価値が上がって物価が下がるため、消費が上向きとなる。通貨の流通量には消費をコントロールする効果もあるのだ。キャッシュレスが『政府が賢明』の証とは言い切れないだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 絶対平***** | (2017/04/11 16:52)

    この記事を読む限り国内の流通には別段影響は出ていなさそうね。 貿易面では外貨が底を尽き、ユニオン・ペイ(銀聯カード)などに制限がかかっていると言う話も出ているが。 いずれ国庫が更に枯渇してきたら、中共政府が徘徊し人民が持つスマホの手を引き寄せ、QRコードを読み込まし無理矢理寄付をさせたりしそうだな。この国なら充分に考えられる。
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事