コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

反韓デモや韓流ブーム衰退が影響、新大久保コリアンタウンの韓国系店舗が4割減―韓国メディア

配信日時:2017年4月7日(金) 22時20分
反韓デモなどが影響、新大久保コリアンタウンの韓国系店舗が4割減
画像ID  558772
日本最大のコリアンタウンとして知られる東京・新大久保界隈にある韓国系店舗は現在計384軒で、この4年近くで約4割減少した。
新宿韓国商人連合会が取りまとめた統計データによると、日本最大のコリアンタウンとして知られる東京・新大久保界隈にある韓国系店舗は現在計384軒で、この4年近くで約4割減少した。韓国・聯合ニュースが5日付で伝えた。

連合会によると、今回の統計結果は日本地理学会が2013年に発表した論文に記載されている628軒から244軒、38.8%減少したことになる。

連合会は「単純なデータ比較だけでは正確な分析は難しいが、韓流ブームが2012年8月をピークに衰退し始めたこと、日韓両国の外交問題、日本における反韓デモなどの影響を受け、韓国系店舗の減少傾向が加速した」としている。

今回の具体的な調査の結果、韓国系店舗は新大久保界隈に最も多く分布しており、種類別のトップ3は韓国料理店(185軒)、雑貨店(34軒)、美容関連店舗(32軒)だった。だが、2013年と比較すると、韓国料理店は約100軒減少し、減少幅は最も大きかった。

新大久保にある韓国系店舗は、2002年ワールドカップ前後に勢いがつき始め、2010年に全盛期を迎えた。だが、それ以降店舗数は減少し始め、代わって他のアジア諸国の店舗がだんだんと増えてきている。

連合会は「新大久保界隈の韓国系店舗では売り上げが激減している。経営維持ができなくなった店舗が撤退し、そのあとには中国・べトナム・ミャンマーなどの店舗が出現している」とコメントした。(提供/人民網日本語版・編集/KM)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 月見***** | (2017/04/08 13:20)

    朝鮮人は日本人を憎んで良いけど、日本人は朝鮮人を愛しなさい!とか思ってないよね? 望んだ通りになっているんだからそれでいいじゃないの(笑)
    このコメントは非表示に設定されています。
  • oka***** | (2017/04/07 23:04)

    韓流ブームが衰退したり反韓デモが激しくなったり日本人の中に反韓感情を抱く人が増加したのは、ネズミ男が突然竹島に上陸したり天皇を侮辱したのがきっかけで、世界各地に売春婦像を建てて日本人を侮辱したり、せっかく日本が大幅に譲歩して日韓合意したのに金だけ取って裏切ったりしたからで、これでは日本人が韓国人嫌いになるのは当たり前。
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事

<







/body>