あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!詳しくはこちら

韓国の観光名所の岩が鳥のふんまみれに、洗うvs洗わないで論争勃発=「ふんも含めて自然では?」「醜くない程度には洗うべき」―韓国ネット

配信日時:2017年4月9日(日) 12時10分
韓国の観光名所の岩が鳥のふんまみれに、洗うvs洗わないで論争勃発
画像ID  558609
7日、韓国・ニュース1によると、韓国・済州島の代表的な観光名所である奇岩・龍頭岩を大量の鳥のふんが覆い、このふんへの対処をめぐって論争が起きている。写真は龍頭岩と付近の海岸。
2017年4月7日、韓国・ニュース1によると、韓国・済州島(チェジュド)の代表的な観光名所である奇岩・龍頭岩(ヨンドゥアム)を大量の鳥のふんが覆い、このふんへの対処をめぐって論争が起きている。

波に削られてできた形からその名が付いた龍頭岩は、済州空港や市街地からアクセス至便ということもあり、済州島を訪れる観光客には欠かせない観光スポットの一つだ。しかし最近、この岩が観光客に嫌悪感すら与えかねない姿に変わってしまったという。あちこちに鳥の白いふんがこびり付き、「黒龍の頭」と呼ばれることもあった黒々とした玄武岩が白茶けてしまっているのだ。地元自治体は、3〜4年ほど前から龍頭岩周辺に渡ってくるウミウが増えたことが原因とみている。

付いてしまったふんは洗い落とせば済むように思えるが、事はそう簡単ではないようだ。龍頭岩は済州特別自治道の記念物に指定されており、洗うとなれば文化財委員会の「現状変更許可」が必要だ。また仮に許可が下りたとしても、「自然の岩に渡り鳥のふん」という自然現象に「洗浄」という人為的な変更を加えるべきでないとの主張もある。

洗浄を行わず、岩周辺にネットやガラスボードを設置する、鳥をエアガンで追い払うなどの方法も検討されたが、本来の景観を損なう、また文化財保護のため鳥に被害を及ぼすべきでないとの理由から採用が見送られた。

さまざまな意見が飛び交う中、地元自治体は、「岩を傷つけずに洗える方法があれば、文化財委員会に現状変更許可を申請する計画」としている。

この報道に韓国のネットユーザーから多数のコメントが寄せられているが、「そのままにしておいて」「ふんも含めて自然では?」「放っておけば雨で洗い流されるさ。何を悩んでるんだ?」「自然に洗われて、拭われるよう置いておくのがいいと思う」など「放置派」が大勢のようだ。

しかし一方、「観光地でなければ自然現象ということでいいけど、龍頭岩は観光地だ。少なくとも醜くない程度に洗うべき」「龍頭岩の周りは飲食店や観光客が多くて、もはや自然そのものの姿じゃない。近くの店が責任を持って洗ってくれ」との声もある。

さらに「公務員に洗わせると金ばかり使ってろくなことにならない。放っておけば?」「洗うなら薬品を使わず水でやってね」「掃除する人も恥ずかしいだろうから、やるなら夜がいいね」など具体的な提案をするユーザーもいた。(翻訳・編集/吉金)
あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!
詳しくはこちら
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

新大統領就任で日韓関係はどうなる!?
投票する

SNS話題記事