コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

<独占>日本で中国人観光客がレンタカーする“手法”(1/4)、その実態を暴く!

配信日時:2017年4月8日(土) 11時40分
<独占>日本で中国人観光客がレンタカーする“手法”(1/4)
画像ID  558384
中国人観光客の日本でのレンタカー利用について、レコードチャイナ編集部はその実態を追った。資料写真。
近年、多くの中国人観光客が日本を訪れている。彼らが目にした日本とはどういう姿なのか―。訪日中国人の旅日記を紹介するレコードチャイナの「中国人観光客が見た日本」シリーズは高い人気を維持し、編集部は中国人観光客の動きを追う毎日だ。そんな中、最近の編集会議で「日本をレンタカーで旅する中国人が増えている」との情報が注目を集めた。中国のSNSを見てみると、日本でドライブ旅行したい人向けの案内や情報がかなり充実している。写真も付いていて見る側の目を楽しませてくれるが、われわれの頭の中には1つの疑問が浮んだ―中国人観光客は日本でレンタカーを利用できるのだろうか。

この問題について警察庁に確認したところ、以下の回答を得ることができた。日本でレンタカーを借りることができるのは、1)日本の免許証、2)道路交通に関する条約(ジュネーブ条約)に基づく国際免許証、3)自動車等の運転に関する外国(国際免許証を発給していない国または地域であって日本と同等の水準にあると認められる免許制度を有している国または地域)の免許証取得者だ。3)の対象となっているのは現在のところ、スイス、スロベニア、ドイツ、フランス、ベルギー、モナコ、台湾の6カ国1地域のみ。つまり、中国人観光客が中国国内で取得した運転免許証では日本でレンタカーを運転できないことになる。では、なぜ日本でレンタカーを借りて旅する中国人観光客が増えているのだろう。

日本政府観光局(JNTO)が2016年6月20日に公表した訪日外国人のレンタカー利用状況に関する資料によると、2015年に沖縄県では13万3318件の利用があり、韓国が34.6%で最多。台湾が34.1%、香港が24.3%と続いた。以下、米国1.6%、シンガポール0.4%、その他5.0%となっている。北海道では4万1361件の利用があり、香港33.4%、台湾20.8%、韓国11.1%、シンガポール8.0%、タイ7.3%、欧州3.7%、マレーシア3.5%、オーストラリア3.5%、米国3.1%、その他アジア2.9%、その他2.8%の順だ。

いずれも中国人観光客がレンタカーを利用したという記録はない。しかし、沖縄県が出した外国人観光客実態調査の資料を見ると、2013年は中国人観光客361人のうち23人(約6%)がレンタカーを利用したと回答。14年はこの比率が約8%(274人中22人)に上昇し、15年は約14%(221人中31人)と二桁に達した。日本でレンタカー旅行を楽しむ中国人観光客の比率は年々増加しているのだ。

これを問題だと指摘するメディアもあり、沖縄のメディアは16年に「県は『背景について関係者と話し合いたい』としている」と報道。県のレンタカー業界関係者は調査結果について、第3者が借りたレンタカーに中国人観光客が有償または無償で同乗しているケースが考えられると推測しているようだが、明確な結論はないままになっていた。そこでレコードチャイナは実際に日本でレンタカーを利用した中国人観光客への取材を試みた。(続く)(取材・編集/レコードチャイナ編集部)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する