コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

日本の対中ODAがすごかった!その驚きの金額―米華字メディア

配信日時:2017年4月26日(水) 14時20分
日本の対中ODAがすごかった!その驚きの金額
画像ID  556733
日本の対中政府開発援助(ODA)は1979年から30年以上にわたって行われたが、その総額は3兆円に上り、海外から中国への援助で、日本は66.9%を占める最大の援助国だった。米華字メディアが報じた。写真は南京の地下鉄。
2017年4月24日、米華字メディア・多維新聞によると、日本の対中政府開発援助(ODA)は、田中角栄首相(当時)の訪中をきっかけに、1979年から30年以上にわたって行われたが、その総額は3兆円に上り、海外から中国への援助で、日本は66.9%を占める最大の援助国だった。

79年から2013年度までに中国が日本から供与された有償資金協力(円借款)は3兆3164億円、無償資金協力は1572億円で、さらに1817億円の技術協力が行われ、総額3兆円以上のODAが実施された。

関連プロジェクトは、衛生や環境保護、教育、農業、貧困対策など多岐にわたり、2000年以降は港湾施設やエネルギー、鉄道、通信などインフラ整備にも協力。人材の交流や育成には年3000万ドルの援助も行っていた。

この報道に、中国のネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられている。

「日本は恩知らずを育ててしまったな」
「今度は中国がその立場になる時だ」
「援助はみんな政治家や役人のポケットに入ってしまい、一般人には利益どころか、知る権利すらなかった」

「しかし、日本は中国にとって最大の侵略国だった」
「中国に対する破壊に比べれば、援助などささいなものだ」

「利息不要とはいえ、大部分は返済しなければならない借金だ」
「プラザ合意以降、円高が進んだ。中国は為替で大きく損したはず」
「無償援助といっても、それは日本の製品を買うための資金。中国は格安で石炭を日本に売ってやったのだから、借りなどまったくない」(翻訳・編集/岡田)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • tak***** | (2017/04/26 18:33)

    30年位昔。 父親が中国へ行ってきて、その時に見学したという鉄工所の写真を見たら、機械にはすべて三菱のマークが入っていた。 子供心にも驚いたものです。 日本は中国だけでなく、東南アジア諸国をはじめ多くの発展途上国にODAを行ってきた。 インフラや病院・学校を数多く建ててきた。 先の大戦で諸外国に迷惑をかけた引け目からか、それらが日本の援助で作られたという看板や碑は無いか、あってもごく小さいものでした。 そのためアル国やニダ国などは、いつまでたっても補償・補償と言ってくる・・・。 日本のODAも、その背景に自国の利益が無かったとは言えないが、中国の様な露骨な利益誘導というか、ほとんど植民地政策のような援助に比べれば、日本のODAはしごくまともで良心的であると言えるでしょう。
    このコメントは非表示に設定されています。
    138 0
  • 968***** | (2017/04/26 17:54)

    「日本は恩知らずを育ててしまったな」 同感だが 共産党幹部の保身には日本からの援助は民衆へ知らさないことが必至だ 何で今頃知らせるのか 新たな技術援助獲得でも目論むのか
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Ack***** | (2017/04/26 16:08)

    中韓人に何をしてやったって、感謝するどころか、 すぐに戦争を持ち出し、 「当然」 「まだ足りないぐらい」 とほざくだけ。 ばらまき外交を続けている中国に対し、 日本はいつまで血税をドブに捨てる気なのか。 その金を福祉に回せ!
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する