コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

日本製品の「違反」指摘したCCTVの特番、次々反論され窮地に=官製メディアでさえも「新潟県産ではなく北海道産だった」と誤り指摘

配信日時:2017年3月18日(土) 12時30分
日本製品の「違反」指摘したCCTVの特番、次々反論され窮地に
画像ID  556228
中国共産党系の環球時報は17日、「中国で販売されている日本産のパックご飯は輸入が禁止されている新潟県産ではなく北海道産だった」と報じた。
中国共産党系の環球時報は17日、「中国で販売されている日本産のパックご飯は輸入が禁止されている新潟県産ではなく北海道産だった」と報じた。

中国中央テレビ(CCTV)は世界消費者権利デーにあたる15日に放送した特番「3.15晩会」の中で、「中国政府が輸入を禁止している日本の放射能汚染地域(10都県)の食品が中国に入ってきている」と指摘。これを受け、中国各地のスーパーでは日本の食品の撤去が行われるなどの影響が出ている。

しかし、この特番の内容について次々と問題が発覚している。番組のVTRでは、日系スーパー・イオンで販売されていたパックご飯について、「北海道産」と書かれている中国語の商品表示シールをはがすと、中国が輸入を禁止している新潟県の住所が書かれている様子が映され、産地を偽装しているかのように伝えられた。しかし、新潟県の住所は製造者である佐藤食品工業株式会社の所在地で、コメの産地ではない。

環球時報もこの点を指摘しており、「調査の結果、この商品には確かに新潟県ではなく北海道産のコメが使用されていた。同社は新潟県産のコメを使用した商品も製造しているが、パッケージの右上に新潟県産と明記されている。北海道産米を使用した商品にはパッケージ左上に『きらら397』というブランド名が印字されており、今回メディア(※CCTVを指す)で取り上げられた商品にも同様のマークがある。そのため、この商品は同社の北海道工場で製造されたものだ」などと伝えている。

この問題については、イオンも17日に中国のウェブサイト上で声明を発表し、同商品の原産地は北海道であることや、中国の関連規定に沿って輸入販売していることを主張していた。CCTVの同特番では無印良品の商品も指摘の対象になったが、同社は16日に発表した声明で「番組内で指摘された住所は産地ではなく販売者(本社)である」と説明した。特番を受け、上海出入境検験検疫局や北京市食品薬品監督管理局が調査したものの、中国側の言う「放射能汚染地域」の食品は輸入も販売も確認されていない。

ほかにも、別の企業の問題を指摘したシーンで使用された画像に著作権侵害の疑いが浮上するなど、ずさんな番組制作が物議を醸している。(編集/北田
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 9

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • sya***** | (2017/03/24 09:41)

    そんな粗さがしばかりする前に、中国国内の河川の汚れや空気汚染や国内産食品の害の方を先にやれよ。 何につけても碌なものがない中国国内を整理せんかい。 気に入らなければ買わんでもいいよ。反日政策が出れば、どうせボイコットするんだから、日本企業も中国を当てにしてはいけない。 サード問題での韓国への嫌がらせも、日本人からすれば、中国はごろつき国家だ。やくざの嫌がらせと変わらない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • wak***** | (2017/03/20 18:18)

    中国共産党が、言論統制・誘導をしていると言う証拠みたいな記事ですね まず日本製品を叩く、ネット民が国家メディアに大ブーイング 慌てて別の国家セクションが反対意見を出す マッチポンプだけれど、反日教育を刷り込まれた馬鹿には結構有効かも でも、日本人が心を込めて作った食材を、中国に売るのは止めよう 奴らは下水からの再製油を喜んで食べている×類だ 奴らには、家畜の餌の切り落としでも売っておけばいい 世界には、日本が食材の放射能対策をほぼ完璧に実施していることを知る国がある その国に買ってもらえればいい
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Dat***** | (2017/03/18 14:44)

    日本は高い信頼性が期待できる国なのです。もちろん犯罪者はおり、100%ではありません。問題の可能性がある地域の食品の放射能については、きちんと検査されていると期待できるのです。仮に問題がある場合は、必ずいつか何らかな手段で明らかにされると期待できるのです。
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する