韓流ブームに便乗して韓国式ブランド展開の中国企業、THAAD問題で慌てて「違います」アピール―米メディア

配信日時:2017年3月17日(金) 5時50分
韓流ブームに便乗の中国企業、THAAD問題で慌てて「違います」
画像ID  555861
16日、韓流ブームに便乗して韓国風ブランドを展開していた中国企業が、昨今のTHAAD問題で、慌てて「うちは韓国企業じゃない」とアピールしている。写真は韓国ロッテの商品が撤去された中国のスーパー。
2017年3月16日、韓流ブームに便乗して韓国風ブランドを展開していた中国企業が、昨今の高高度防衛ミサイル(THAAD)問題で、慌てて「韓国企業じゃない」とアピールしている。環球時報が伝えた。

米デジタルメディア・クオーツによると、もともと中国では韓国商品が人気で、韓国風の商品やブランド名を使って営業している中国企業は少なくなかった。ところが、THAAD問題の発生で、嫌韓感情が高まり、韓国製品に対して報復的な不買運動が拡大、様子は一変した。

中国のデザート専門店の「雪冰元素」は、店名の読みも店構えも商品も、韓国のデザートカフェ「ソルビン」にそっくりだが、「私たちは中国企業です」「国家の安全と人々の利益を断固守ります」と声明を発表した。韓国風焼肉のチェーン店「漢拿山」も同様の声明を発表している。このように、韓国風のブランドを展開していた企業やレストランチェーンは次々に中国の消費者に向けて「うちは100%中国の会社だ」とアピールしている。

そうした中、中国の消費者の間には「韓国のブランドだと思っていたのに、実は中国の企業だったのか」と失望も生じている。あるネットユーザーは「ボイコットというひょうたんから駒が出た」とし、「ブームに便乗して外国企業を装っていた企業が洗い出された」とコメントしている。(翻訳・編集/岡田)
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事