コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

「慰安婦」を「葛藤婦」と誤記した米国務省、HPをようやく訂正=「米国がいかにこの問題に興味がないかよく分かる」―韓国ネット

配信日時:2017年3月21日(火) 11時50分
「慰安婦」を「葛藤婦」と誤記した米国務省、HPをようやく訂正
画像ID  555805
20日、米国国務省が公式サイトで旧日本軍慰安婦を指す表現の誤記を訂正し、韓国・聯合ニュースはこれを「今さらながらの訂正」と報じた。写真は在韓日本大使館前で行われた慰安婦問題の解決を求める集会。
2017年3月20日、米国国務省が公式サイトで旧日本軍慰安婦を指す表現の誤記を訂正し、韓国・聯合ニュースはこれを「今さらながらの訂正」と報じた。

米国務省は同日、ホームページに公開した岸田文雄外相とレックス・ティラーソン国務長官との日米外相会談の共同記者会見全文で、当初「conflict women(葛藤婦)」と表記していた部分を「comfort women(慰安婦)」に訂正した。

16日に行われた外相会談後の共同記者会見では、日本メディアの記者が「2年前に日本と韓国が慰安婦問題で合意したにもかかわらずまだ慰安婦問題が続いており、日韓関係が良くない状況」と発言、慰安婦問題に関連した両外相の立場と対応策を尋ねた。米国務省はこの内容を英訳しホームページで公開していたが、「comfort women」とすべき2カ所の「comfort」が、葛藤・対立を意味する「conflict」となっていた。これを発見した韓国外交当局が18日(日本時間)、表現の訂正を米側に要求していた。

聯合ニュースはこの件をめぐり、トランプ政権下の国務省が「sex slaves(性奴隷)」ではなく「comfort women」の表現を繰り返し使用することにより、今後この表現が公式化することへの懸念が出ていると伝えている。国務省はオバマ政権下の2012年、日本政府が「性奴隷」の表現使用に強い抵抗感を示したことを受け、「comfort women」と「sex slaves」の語を共用する方針を明らかにしていた。

この報道に対し、韓国のネットユーザーからは「『sex slaves』と書かないと問題の重要度が伝わらない」「誤記するということからも、米国がいかにこの問題に興味がないかよく分かる」「『慰安婦』という日本語表記をそのまま英語に訳すからこんなことになる」「どうせ米国は日本寄りだから…」「韓国政府が『comfort women』に書き直すように依頼するのもどうかと思う」などの声が寄せられた。(翻訳・編集/三田)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 11

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ひだま***** | (2017/03/22 06:56)

    2016年10月13日09時27分,中央日報『大検察庁のキム・ジョンホ科学捜査部書記官(科学捜査学博士)は 韓国の偽造犯罪、日本より20倍多い…「国民の意識、日本より顕著に低い。 キム書記官はこの論文で「世界保健機関(WHO)が2013年に発表した犯罪類型別の国の順位で韓国が詐欺分野の1位を占めた。 偽造分野でも韓国が世界最上位圏を占めている可能性が高いと推定される」と書いた。』・・・確かめてみての通り。 世界一の詐欺・売春・犯罪・性犯罪大国として 韓国は世界的に有名である先に、世界中から「嫌韓」「反韓」され「韓国人狩り」がされていることは見ての通り・知っての通り・言うまでもない。 ベトナム戦争時の ベトナム・タイヒン村民の虐殺・ゴーカンによる落とし子「ライダイハン」・そして「コピーノ」のことも 残虐非道な韓国・当事者以外の国々では 既に周知の事実である。 昔も今も同じ朝鮮人。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ひだま***** | (2017/03/22 06:17)

    「従軍看護婦」「従軍記者」はいたが 「従軍慰安婦」はそもそ存在していなかった。 戦時中は 「国民総動員法」のもとで「徴兵制度」「学徒動員」「女子挺身隊(女子勤労奉仕隊)」はあった。 第二次世界大戦当時は 「買春禁止法(性奴隷禁止法/人身売買禁止法)」は全世界的に法律(刑罰/犯罪)として未だ制定されていなかったので 日米韓中問わず それまでの悪しき未開にして野蛮な伝統上の「公娼」「公洋主」「奴卑」は人道的問題とされていなかったに他ならない。 アメリカでは 南北戦争によって「黒人奴隷制度」はリンカーンによって禁止/廃止されたものの、アメリカ合衆国の法律として 未だ自発的な売春婦は禁止/廃止されていなかったのである。 韓国の「売春禁止法」は 政府が取り入れたものの未だ国民と売春婦や女衒達がそれに従わずに 韓国政府や裁判所に対して「売春禁止法」反対/撤廃デモを展開している現状にある。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ひだま***** | (2017/03/22 05:29)

    「慰安婦」という言葉を 韓国は 最初は 戦時中に限定して「従軍慰安婦」と言って一貫して問題視/問題化して主張していた訳である。 その先に、それが 残虐性を強調する為に「性奴隷」にされたと主張を変えた訳である。 女性の人権/尊厳を主張する為には ズバリ「ゴウカンされた」と明瞭に主張すべきである。 単純明快に「ゴウカン(性暴行)された」ならば 世界共通認識上で即刻「ゴウカン罪」で裁かれることと相成る訳であるにも関わらず、何故 韓国は 日本語の「慰安婦」という言葉をわざわざ用いたのか?が最大の疑問である。 そもそも、「慰安」という言葉の意味は 文字(漢字)通りに「慰める+安楽にさせる」が合体した意味であり、英語では「comfort,comfortable 」である先に 日本では「慰安旅行」という言葉で普通に使われている言葉である。 戦前・戦時中問わず、「慰安婦」とは「娼婦/売春婦」
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する