日本留学の中国人女子学生、アルバイト先の店長からひどい扱いを受ける―華字メディア

配信日時:2017年3月15日(水) 6時50分
中国人留学生、アルバイト先の店長からひどい扱い―華字メディア
画像ID  555585
14日、華字メディア・日本新華僑報網は、日本に留学中のある中国人女子学生がアルバイト先で強いられたという過酷な労働の状況を伝えた。
2017年3月14日、華字メディア・日本新華僑報網は、日本に留学中のある中国人女子学生がアルバイト先で強いられたという過酷な労働の状況を伝えた。

この女子学生は人当たりが良く、日本語も上手だったことから、日本に留学に来てすぐに寿司チェーン店でのアルバイトが見つかった。しかし、初出勤日を境に午前0時を過ぎても宿舎に戻らなくなった。日中の授業では覇気がなく、欠席することも多かったという。

そんな状況が1カ月近く続いたある夜、心配したルームメイトが寝ずに待っていると、疲労困憊(こんぱい)の女子学生が帰宅。話を聞いてみると、とんでもないアルバイトの状況が明るみに出たという。

女子学生は事前に「接客のみ」ということで店長と合意し、契約書では「勤務時間は遅くとも午後11時まで」となっていたが、店長はさまざまな理由をつけて残業させていたという。店内から客が消えても床掃除や椅子の整理、器材の洗浄をさせられ、全て終わるのは午前3時ということもあったそうだ。

店長に接客について質問しようとすると、「君はどうしてそんなにばかなんだ」と言われた。女子学生だけではなく、タイ人やマレーシア人のアルバイトも店長から同じような扱いを受けたという。店内のほかの日本人スタッフも、店長の前では助け舟を出せず。耐えられなくなった女子学生は「給料はいらないから辞めさせて欲しい」と申し出たが、「契約違反になるから違約金を払え」と迫られ、仕方なく仕事を続けるしかなかったという。

話を聞いたルームメイトは、翌朝に彼女を伴って留学生支援室に相談。中国学友会会長や日本人教員の支援により、店長はようやく給料を支払った上での退職を認めたという。(翻訳・編集/川尻
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 8

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • xin***** | (2017/03/16 08:16)

    他国のアルバイト状況で大騒ぎをする前に 自国の時給の安さ、安定しない雇用状況をみてから騒げ
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2017/03/15 13:50)

    外食産業はまず九割ブラックだと思った方がいいが、この店長、更に外国人だと思ってナメきってるな。 労基署がきちんと仕事してりゃ、こんな事にもなってないとは思うんだが、連中も結局「お役所仕事」しかしないしな。 こういう事が野放しにされてると、外国人労働者に店長が刺されたりとか、重大事件に発展するんだが、そこまで行って世間が騒いでももう遅い。 そうなってから「これだから○○人は」とか言うのもお門違いだし、逆に「○○人のこの子がかわいそう」と言ったところで殺人罪が軽くなる訳でもない。 日本以外のアジア人にとって、日本は「あこがれの国」なのだ。そのイメージを崩さないで済むような法整備を求めたいが、まあ、今の政府にゃムリだろうな。やる気もないだろうし。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 乌鸦嗒***** | (2017/03/15 10:18)

    まず原則、外国人留学生が日本で活動できるのは、大学等で教育を受けることだけ(入管法19条)。だが、法務大臣の許可を受ければ資格外の活動が可能(入管法19条2項)。なので、留学生が賃金を対価に就労するには、大臣許可が必要。この許可は、「活動の遂行を阻害しない範囲内」で認められ、留学生の場合は1週について28時間以内の就労(入管法施行規則19条、風◯営業は除外)。留学生がこの許可を受けないで就労している場合には、不法就労となる。その留学生を雇用した使用者も、不法就労助長罪に問われる(入管法73条の2)。刑法の属地主義の原則からこれは他の刑罰法規にも適用される。民法628条によれば、直ちにその契約は解除できる。 中国人留学生が〜、と差別うんぬんめいた話はお門違い。ブラック就労問題は日本人でも起こっている.... 禁止ワード 風◯=ふうぞく
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事