コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

3人のランナーが心肺停止も全員が蘇生!日本のマラソン大会が中国に与えるヒント―中国メディア

配信日時:2017年3月14日(火) 18時30分
心肺停止のランナーが蘇生!日本のマラソン大会が中国に与えるヒント
画像ID  555580
13日、澎湃新聞は「日本の女子マラソン大会がわれわれに与えるヒント」と題する記事を掲載した。資料写真。
2017年3月13日、澎湃新聞は「日本の女子マラソン大会がわれわれに与えるヒント」と題する記事を掲載した。

記事が取り上げたのは、名古屋市で今月開催された名古屋ウィメンズマラソンだ。この大会では参加者3人が一時心肺停止になったが、記事は「現場スタッフの救助によって全員が命を取り留めた。この事例が中国のマラソンイベントにとって少なくない参考になるかもしれない」と指摘。実際の救護の様子を伝えた上で、日本の大会で見られる取り組みを紹介している。

記事によると、名古屋の大会で心肺停止に陥ったのは20代、30代、40代の参加者で、フルマラソンに出場した30代女性はゴールを通過した後に地面に倒れ込んだ。付近にいたボランティアは周囲に異変を知らせながら女性の元に。その後、駆け付けた救急隊員が手際よく自動体外式除細動器(AED)などを用意し、到着した医師に処置の状況を報告したという。記事は「女性が目を開いて医師が蘇生措置を停止した後も救護は続けられた。救急隊員は女性に名前やこれまでの出場経験を尋ね、最後に『一部記憶がないかもしれませんが、そのうち良くなります。すぐに救急車が来ますから』と声をかけていた」と説明し、同大会に救護担当として参加していた中国・第一反応の陸楽(ルー・ラー)CEOの「女性が倒れてから救急車に乗るまで5分もかからなかった。救護過程では女性のプライバシーもしっかり守られていた」というコメントも紹介。今年の東京マラソンにも関わったという陸氏は名古屋のレースで無事故が実現した要因として、人と物の大量投入を挙げた。

陸氏がまず指摘したのがAEDをはじめとする機材の充実ぶりで、「物的投入の規模は中国のマラソンイベントでほとんど目にできないレベル」。マンパワーに関しては「1000人が救護、救命など4つの部門に分かれて任務にあたった」と作業の細分化について話し、特に触れておきたいこととして「これらスタッフは異なる病院や団体からやって来た人々だが、大会の救護組織に加わってからは本来の組織の業務手順を“一時放棄”して組織委員会の統一ルールに基づき、厳格に執行した」点を挙げた。陸氏はさらに、気象条件を評価してレースコンディションを知らせる「レースコンディション・インフォメーション・システム」が同大会で導入されたことにも言及。記事は東京マラソンで実施された取り組みにも触れた上で、「中国国内のマラソンイベントはより科学的で周到な救護体制を構築する必要がある。そうすることで初めて悲劇を減らせるのだ」とまとめた。(翻訳・編集/野谷)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ali***** | (2017/03/22 02:06)

    >人と物の大量投入を挙げた。 言ってない。 物的投入に関してはともかく、 >「1000人が救護、救命など4つの部門に分かれて任務にあたった」 『4つの部門に分かれて』がポイント。 『・・・統一ルールに基づき、厳格に執行した』とあるように、 組織立てて、効率よく行動できるように整備した事が成功の要因だ。 なんとかシステム導入も、ハードパワーというより、ソフトパワーにより近い物だろ。 この陸氏とやらはまともな事を言ってるのに、 無能な記者、マスコミのせいで印象がずいぶんと違っている。 より無教養な中国の一般読者はAEDとスタッフを注込めばいいと短絡して考えるだろう。 いくらモノマネをしようとしても、中国が先進国に追いつくのは当分先になりそうだね。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • あきち***** | (2017/03/15 01:00)

    人の命より お金の方が重い中国では 残念ながら 永久的に実現しない気がします。 昔の中国の人は 義侠心にあふれていたそうですが どこに捨ててしまったのでしょうね(笑)
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事