あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!詳しくはこちら

日本が世界最強のAI開発用スパコンを導入=「神威には遠く及ばない」「日本はこういう取るに足りない小細工ばかり得意」―中国ネット

配信日時:2017年3月10日(金) 1時0分
日本が世界最強のAI開発用スパコンを導入、中国ネット反発
画像ID  554988
9日、中国のポータルサイト・網易は日本が世界最強のディープラーニング解析システムを導入すると伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。
2017年3月9日、中国のポータルサイト・網易は日本が世界最強のディープラーニング解析システムを導入すると伝えた。

記事は、人工知能研究が進むにつれて、スーパーコンピューターの性能に対する要求はますます高くなっていると紹介。そのうえで、日本は世界最強となるディープラーニング解析システムを導入すると伝えた。

このディープラーニング解析システムは、富士通と理化学研究所による共同研究開発で、NVIDIAの「DGX−1」を24台、富士通の「FUJITSU Server PRIMERGY RX2530 M2」32台、「FUJITSU Server PRIMERGY RX2540 M2」6台、ストレージシステム「FUJITSU Storage ETERNUS DX200 S3」8台、「FUJITSU Storage ETERNUS DX100 S3」1台で構成される。

中でも、核心となるDGX−1は、Tesla P100を8基とインテルXeonを2基搭載したシステムで、計画によるとディープラーニング解析システムは富士通の横浜データセンターに設置され、主に理研の人工知能技術開発に使用するという。演算性能は4PFLOPS(毎秒4000兆回演算)となるという。

これに対し、中国のネットユーザーから、「たったの4PFLOPSで世界最強か?」との意見や「スパコンのことはよく分からないが、写真を見ると神威には遠く及ばないと分かる」とのコメントが寄せられた。

また、「だったらおれたちは(DGX−1を)48台導入しよう」と対抗するユーザーや「日本はこういう取るに足りない小細工ばかり得意で、革新力では欧米に遠く及ばない」との主張もあった。(翻訳・編集/山中)
あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!
詳しくはこちら
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事