コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

<虐>ゲッ!看板メニューは「活き猫の水煮」、悲鳴がこだまする広東の名物料理―中国

配信日時:2008年3月27日(木) 23時26分
<虐>ゲッ!看板メニューは「活き猫の水煮」、悲鳴がこだまする広東の名物料理―中国
画像ID  118030
26日、生きた猫をそのまま熱湯で煮込む「水煮活猫」という広東の名物料理を出すレストランが、湖南省にお目見え。だが厨房から聞こえてくる猫の悲鳴に恐れをなし、客はほとんど寄り付かないという。写真は広東省汕頭市の「犬猫肉」料理の店。
2008年3月26日、生きた猫をそのまま熱湯で煮込むその名も「水煮活猫」という広東の名物料理を出すレストランが、湖南省にお目見えした。だが厨房から聞こえてくる猫の悲鳴に恐れをなし、客はほとんど寄り付かないという。長沙のニュースサイト「紅ネット」が伝えた。

「水煮活猫」の調理法は、まず生きた猫の頭を棒で殴り、瀕死の状態にさせる。次に、その猫を熱湯で煮込んだ後、毛と皮を剥ぐ。最後にぶつ切りにしてスープに仕上げれば出来上がり…。広東省では「滋養強壮」「精力増進」に効き目があるといわれ、人気メニューの1つとなっている。

だが、猫を食べる習慣のない湖南省の人にとって、これは残忍極まりない料理。店の看板を見るだけで、誰も中に入らない。中には好奇心に駆られて店の門をくぐるものの、調理場から聞こえてくる猫の悲鳴や血だらけの猫が鍋に入れられる光景に恐れをなし、箸をつけずに退散する客も少なくないという。店のオーナーは広東で修行を積んで腕に自信があり「水煮活猫」を“看板メニュー”にしていたが、開店わずか1か月であえなくメニューから外した。

畜産局の担当者によると、“食材”になるのは、残飯や鼠をエサとする野良猫の場合がほとんどで、寄生虫に感染する危険性が高いという。「不衛生なので、絶対に食べないように」と注意を呼びかけていた。それにしても、本場広東省じゃいまも食べられているのだろうか…。(翻訳・編集/NN)
関連記事
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事