コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

韓国初の猫の駅長が行方不明に、ずさんな管理にネットから批判=「安易に日本のまねをするから」「どうか生きていて」

配信日時:2017年3月8日(水) 17時30分
韓国初の猫の駅長が行方不明に、ずさんな管理にネットから批判
画像ID  554789
7日、韓国・MBCテレビによると、韓国初の猫駅長として人々に愛されていた猫の「タヘンイ」が行方不明になり、ネットでその身を案じる声が上がっている。写真はタヘンイを捜すビラ。
2017年3月7日、韓国・MBCテレビによると、韓国初の猫駅長として人々に愛されていた猫の「タヘンイ」が行方不明になり、ネットでその身を案じる声が上がっている。

タヘンイは、ソウルと近郊を結ぶ首都圏電鉄1号線の駅谷(ヨッコク)駅の名誉駅長。元駅長のキム・ヘンギュンさんに拾われ駅で過ごすうちに人気となり、関連の絵本が発刊されたほか、SNSでも1万人以上のファンを集めていた。昨年4月にキムさんが健康上の理由で名誉退職して以降はソウル・江西(カンソ)区の動物保護団体に預けられていたが、今年1月末にこつぜんと姿を消してしまった。

現在、駅谷駅前の「タヘンイ広場」は以前の状態のまま残されている一方、駅構内にあったタヘンイのイラストや案内板は消されているという。同駅を管轄する韓国鉄道公社(KORAIL)とともにタヘンイの広報を行っていた地元の富川(プチョン)市は、失踪の知らせにSNSで捜索に乗り出したが、行方はいまだ分かっていない。タヘンイファンなどからは、「宣伝ばかりに利用して管理が不十分だった」との非難が相次いでいるという。

MBCは、多くの人がタヘンイの一日も早い帰還を祈っており、日本の猫駅長として愛された和歌山電鐵貴志川線貴志駅の「たま駅長」のように国民から愛される駅長の姿を待ち望んでいると伝えている。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「駅の宣伝にばかり利用されて、タヘンイがかわいそう」「新しい駅長が追い出したんだね。駅谷駅をイメージアップさせてくれた1匹の猫の世話がそんなに嫌だったの?」と駅の対応を非難するコメントや、「動物を心から愛する心すらないくせに、安易に日本のまねをするからこんなことになる」「あれこれまねして話題にはなるけど、その後の管理ができない韓国」「他国の動物保護法でも学んだら?」と韓国の管理の甘さを指摘するコメントなど、批判や非難のコメントが多く寄せられている。

また「タヘンイ、寒いのにどこにいるの?」「猫は夜行性だから、路地裏のどこかに縮こまっているかも」「誰かがさらったりいたずらをしたりしたんじゃないかと心配」「どうか生きていますように」とタヘンイを心配するコメントも相次いで寄せられた。(翻訳・編集/松村)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 8

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する