韓国ロッテと勘違いされた日本の楽天、「違いますアピール」の必死さがスゴかった!

配信日時:2017年3月5日(日) 8時20分
韓国ロッテと勘違いされた楽天、「違いますアピール」がスゴい!
画像ID  554393
中国で韓国ロッテのボイコットが叫ばれている中、たまたまロッテと中国語表記が同じために「とばっちり」を受けている日本の楽天市場について、その対応がスゴいとネット上で話題になっている。
中国で韓国ロッテのボイコットが叫ばれている中、たまたまロッテと中国語表記が同じために「とばっちり」を受けている日本の楽天市場について、その対応がスゴいとネット上で話題になっている。

在韓米軍への高高度防衛ミサイル(THAAD)配備をめぐり、韓国ロッテグループは先月27日、配備が予定されている所有地を韓国政府に提供することを承認した。これを受け、THAAD配備に強烈な反発を示していた中国では、韓国ロッテ製品の不買運動に発展している。

これにより、思わぬ影響を受けたのが日本の楽天市場だった。ロッテも楽天も中国語では共に「楽天(ラーティエン)」と表記するため、消費者の誤解を招くと危機感を抱いた楽天市場は翌28日に中国版ツイッター・微博(ウェイボー)の公式アカウントでロッテと無関係であることをアピール。書き込まれたコメントにも一つひとつ返信していった。

ユーザーから多かったのは「韓国と日本の“楽天”は関係があるじゃないか」というコメント。日本のロッテと勘違いしていたようで、楽天公式アカウントは「それは日本のLOTTEです。私たちはRakutenです」と繰り返し説明した。

ところが、あまりにいちいち返信するため、返信を期待するユーザーが大量にコメントを投稿するようになった。中には「良い方の楽天ですか、悪い方の楽天ですか」「早く返信してよ〜」「ねえねえ、顔写真見せてよ」など、どうでもよいコメントも多数寄せられたが、それに対しても「良い方です」「はい、(返信しに)来ました!」「いや、ビックリさせちゃうといけないので」など丁寧に応対していった。

この姿勢にユーザーからも「返信に忙しいですね。キーボード、大丈夫ですか?」「ここ数日、ロッテの事件で遊ばれてますね」「週末くらい休んだ方がいいよ」「頑張ってね(ショーロンポーの画像付き)」など、担当者を気遣う声も多く寄せられた。

ネット上では「2万件のコメントにすべて返信した」とも言われている。さすがにそこまでの数には返信していないようだが、かなりの頻度だったようだ。スタッフの丁寧な対応で、逆に中国での知名度や好感度が上がるかもしれない。(翻訳・編集/北田
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事