日本に取られた中国の伝統文化が今では日本の象徴に=「われわれはふ抜けだったのだから仕方がない」―中国ネット

配信日時:2017年3月5日(日) 7時0分
日本に取られた中国の伝統文化が今では日本の象徴に?
画像ID  554390
4日、中国のポータルサイト・今日頭条に、日本に取られた中国の伝統文化が今では日本の象徴になってしまっているとする記事が掲載された。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。
2017年3月4日、中国のポータルサイト・今日頭条に、日本に取られた中国の伝統文化が今では日本の象徴になってしまっているとする記事が掲載された。

記事が紹介した「日本に取られた中国の伝統文化」は、日本刀、畳、和服、相撲、芸者、さしみと寿司、下駄、洛陽、桜、茶道だ。

記事によれば、日本刀は唐刀を模倣したもので、その後日本は改良を加えていったのだという。また、畳の起源は漢王朝にあり、隋や唐の時代に中国式の家具として広まっていたものが日本に伝わったのだと主張した。

和服は、19世紀末までは呉服と呼ばれていたように、呉の時代の服装が日本に入ってきたものであると指摘、相撲は秦・漢の時代から角抵と呼ばれて中国にあったが、日本では17世紀ころからプロの相撲取りが現れ、今では国技になったとした。

その他の芸者、さしみと寿司、下駄、洛陽(平安京)、桜、茶道は、いずれも中国起源であるものの、今では日本を代表するものとなっていると紹介した。

これに対し、中国のネットユーザーから「自分たちは宝と見なさなかったものを、他人が宝としたんだな」、「日本は正統な漢文化を継承した。われわれはふ抜けだったのだから仕方がない」などのコメントが寄せられた。

また、「日本に行って初めて中国文化の奥深さを知ることができる。日本がいなかったらこれらはとっくの昔に失われていた」、「漆工芸も日本が発展させた。日本の漆工芸品は本当に美しい」などの意見もあり、日本が中国の伝統文化を奪ったと批判するようなコメントは見当たらず、むしろ日本で継承されてきたことを肯定的に見るユーザーが多かった。(翻訳・編集/山中)
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 7

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 高想院***** | (2017/07/13 16:35)

    なんでもかんでも大陸から伝わったものだっ!!って いい加減にしろ。 確かに大陸から入ってきたものもあるが日本古来のものもある。混同するな。 例えば鉄道は英国から取り入れたものだ、蒸気機関車、ディーゼル機関車、電気機関車、新幹線、リニアモーターと発展してきた。 高速鉄道といえば日本の新幹線が世界的に有名だ。 英国が「新幹線は英国発祥だ」とは言わんだろ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2017/03/08 01:27)

    どれも源流は中国と言えるかも知れないが、日本の風土で日本人に合わせ、日本の文化は発展した。 その時点で、既に日本に「取られた」のではなく、日本で「生まれた」ものになったのだと思うが。 確かに古代中国の文化は偉大で、日本文化はその「支流」と言えるかも知れない。だが、そうであっても中国文化と日本文化はもはや別物なのだ。 尤も、さらに言えば近代に生まれた「中華人民共和国」は、それまでの「王朝」を否定した国家だ。故に文化大革命も起こったし、それまでの伝統文化を自ら焼いて捨ててしまった。 日本にあるのは、古代中国の文化そのものではない。それを元に発展した「日本文化」だ。だから、「取られた」なんだってのも、実に的外れな話でしかない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • MR***** | (2017/03/06 11:34)

    中国は王朝更迭は破壊から始まり、それから再建。 共産党も40年前同じことをやった。精神、文化面まで徹底的に。
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事

<







/body>