あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!詳しくはこちら

韓国、違法操業で拿捕の中国漁船から史上最高額の担保金を徴収―韓国メディア

配信日時:2017年2月27日(月) 23時30分
韓国、違法操業で拿捕の中国漁船から史上最高額の担保金を徴収
画像ID  553633
24日、韓国の海域で違法操業の疑いで拿捕(だほ)された中国漁船が史上最高額となる4億ウォン(約3965万円)の担保金を納付した。写真は韓国・木浦市。
2017年2月24日、韓国の海域で違法操業の疑いで拿捕(だほ)された中国漁船が史上最高額となる4億ウォン(約3965万円)の担保金を納付した。韓国・聯合ニュースが伝えた。

韓国西海の漁業管理団が24日明らかにしたところによると、16日に全羅南道の可居島付近の海域で木浦海洋警察の巡視船が違法操業中の中国漁船を拿捕する際、付近にいた中国漁船約70隻が集結し逃走を助けようとしたため、海洋警察は機関銃900発を発射してようやく制圧した。

この漁船は、検問妨害のために鉄格子などで重武装し、韓国の海域で計画的に違法操業をした疑いを受けている。また適法な停船命令にも応じなかったため、違法操業の疑いで3億ウォン、停船命令に違反した疑いで1億ウォンの計4億ウォンの担保金を賦課された。漁船は25日に中国側に引き渡される。

担保金は、違法操業で摘発された中国漁船や漁獲物などを押収し、これを返還する前に徴収する一種の罰金だ。韓国海洋警察は昨年3月から、担保金を納付しない中国漁船を裁判終結まで抑留し、廃船処理する規制強化を行っている。(翻訳・編集/柳川)
あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!
詳しくはこちら
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事