あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!詳しくはこちら

<チベット暴動>「少数暴徒による犯罪行為、チベット内部でも強い非難」―中国国営通信

配信日時:2008年3月17日(月) 17時0分
<チベット暴動>「少数暴徒による犯罪行為、チベット内部でも強い非難」―中国国営通信
画像ID  115728
17日、中国国営「新華社通信」は、「ラサの少数暴徒による略奪・破壊行為は、自治区の関連部門が法にのっとり有効な措置をとった結果、情勢はほぼ落ち着いた」とし、「チベット社会でも強い非難が起こっている」と報じた。写真はチベット・ラサ。
2008年3月17日、中国国営「新華社通信」(電子版)は、中国チベット自治区で発生した大規模な暴動に関して、「ラサの少数暴徒による略奪・破壊行為は、自治区の関連部門が法にのっとり有効的な措置をとった結果、情勢はほぼ落ち着いた」とし、「チベット社会でも強い非難が起こっている」と報じた。

報道では、「今回の暴動により、チベット内部でも大きな怒りと非難が起こっている」とした上で、仏教協会チベット分会の副会長の言葉を引用。「共産党・政府は巨額の資金を投じて(文化大革命で)破壊された寺院を修復し、年老いた僧侶の生活問題も解決してくれたのに、『ダライ一派』は暴徒を操って『犯罪行為』を起こした。これは決して人心を得るものではない」と批判している。

また、同自治区のチベット人政治協商常務委員も、「ダライの行為は“投げた石が自分の足に当たった”と同じ。政府が暴動を鎮圧し、容疑者を拘束するのを目の当たりにした群衆からは、思わず拍手が沸き起こった。不法分子を厳しく処分するよう要求する」と強い口調で述べている。

さらに「今回の破壊活動は(インド亡命政府)の『ダライ一派』が策動したもの」とする十分な証拠があるとし、「チベットが中国の領土であることは、国際社会でもとっくに共通認識となっている。いわゆる“チベット亡命政府”を独立国として認める国は世界中のどこにもない」と強調した。(翻訳・編集/NN)
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

新大統領就任で日韓関係はどうなる!?
投票する

SNS話題記事