日本の隠れた経済力に中国の14億人もビックリ!? ―中国

配信日時:2017年2月22日(水) 20時20分
日本の隠れた経済力に中国の14億人もビックリ!?
画像ID  545489
21日、中国の金融情報サイト・匯金網が、日本の隠れた経済力について紹介する記事を掲載した。資料写真。
2017年2月21日、中国の金融情報サイト・匯金網が、日本の隠れた経済力について紹介する記事を掲載した。

記事はまず、近年の中国の経済発展が目を見張るものであることを紹介。鉄鋼や石炭、コンクリートの生産量で世界一となるなど、多くの分野で世界一になっているとした。

しかし、こうした数字は中国の経済力が強くなったことを示すものではないと指摘。中国の世界一は往々にして技術を含まない労働密集型のものであり、技術力を含んだ製品はつくり出せていないとした。例えば、鉄鋼の生産量は中国が世界一でも、特殊鋼では日本が世界一であると指摘した。

また、日本経済は完全に中国市場に依存しているわけではないとも紹介。日本は米国や欧州、カナダ、オーストラリア及び新興市場などに大量の投資をしており、日本国内は不景気でも日本の経済的実力は国内だけではないのだと論じた。

日本は、「失われた10年」で株価や不動産価格の暴落を経験したものの、円高にもなっており、ドルで計算すれば決して大きく下がってはいないと記事は主張。円高のおかげで薄利や付加価値の低い産業が海外へ移転するきっかけとなり、高付加価値製品に集中することができ、海外での買収コストも下げることができたと、メリットを強調した。

従って、国民総生産(GDP)や一部の有名企業の巨額損失のニュースだけで真の日本経済の実力を理解することはできないと主張。日本と貿易戦争になれば、中国は日本製品不買やレアアースの輸出禁止などで経済制裁できるものの、日本が核心部品の輸出を停止したら、中国は製品を組み立てることができず、制裁を受けることになると指摘した。

これらを基に、日本経済は実際のところとても強く、一部メディアが報道するように衰退してはいないと指摘。1980年代の経済拡張期に米国からの打撃を受けたため隠れるようになっただけで、これまで隠してきた経済的実力は中国人の想像をはるかに越えるものだと主張した。(翻訳・編集/山中)
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ひだま***** | (2017/08/08 22:47)

    国民総生産(GDP)=全生産高/綜合生産高/集合生産高は 人口対比=中国13億人:日本1億3000万人=中国10:日本1である先に 人口割りした国民一人当たりの個人生産と個人経済力(豊かさ)が 中国は日本の10倍あって初めて同率/同等/一律であるに他ならない。 戦争ならば 多勢に無勢/物量作戦/スケールメリットの面に於いて中国や米国やロシアは大国と呼べるであろうが 一方 少数精鋭/個々の基本的素養・資質・性質・品質の高さ・良さ/民度の高さの面に於いては日本の方が大国であるに他ならない。 つまり、現代物理や数学上に語っている経済などの視点(観点/観念的物差し/スケール)は 単に スケールメリット(量的優位)を語り論じているだけに過ぎない。 ・・・・ 未だに 質より量、欠食児童、餓鬼の見方/捉え方!  (爆)
    このコメントは非表示に設定されています。
  • hoo***** | (2017/08/08 19:11)

    そんな事ないよ^^日本なんかちょろいから尖閣は基より沖縄まで行けるよ^^
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 絶対平***** | (2017/02/23 00:07)

    居たんだね!? 中国にもマトモな経済専門家が。 中共の息のかかったお上りさんしか居ない国だと決めつけていたのにw かなり的を射た分析なのでとても驚いたよ。どこぞの根拠なく起源を嘯く人外な連中とはこーゆーところが違うんだな。 やはり冷静さや状況判断力では中国の方が上だな。さすがの宗主国といったところで、属国よりは優れていると言えるな。
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事

<







/body>