コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

世界で最も空気の悪い都市ワースト20、インドが最多の10都市、中国は4都市=中国ネット「民主国家でもスモッグを吸っている」

配信日時:2017年2月16日(木) 11時30分
世界で最も空気の悪い都市ワースト20、インドが最多、中国は4都市
画像ID  545001
16日、世界で最も空気の悪い都市ワースト20に中国が4都市入ったとの報道に、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真はインドのタージ・マハル。
2017年2月16日、中国メディアの観察者網は英国メディアの記事を引用し、世界で最も空気の悪い都市ワースト20を紹介した。

世界保健機関(WHO)のデータによると、世界の都市の中でPM2.5の濃度が最も高い都市のうち、10都市をインドが占め、4都市が中国だった。

ワースト1位はイランのザーボルで、PM2.5の年間平均濃度が1立方メートル当たり217マイクログラムだった。2位はインドのグワーリヤルで176、3位はインドのイラーハーバードで170だった。インドはほかにも6位、7位、11位、12位、15位から18位までと計10都市がワースト20位内に入った。

中国は9位に河北省ケイ台市(128)、10位に河北省保定市(126)、14位に河北省石家庄市(121)、19位に河北省邯鄲市(112)と、4都市がワースト20位以内に入った。

このほか、アジアの主要18都市のPM2.5濃度のワーストランキングでは、1位がインドのデリーで122、2位がバングラデシュのダッカで90、3位がパキスタンのカラチで88だった。中国の北京市は4位で85、上海市は9位で52、東京は最も濃度が低く15だった。

このニュースに対し、中国のネットユーザーから「河北省は大きな犠牲を払い貢献している」「河北省はついてない。2つの直轄市が河北省の隣にあり、この2つの都市の汚染空気がみんな河北省に流れてくるのだから」と、河北省の都市だけがワースト入りしたことに関するコメントが多く寄せられた。

また、「民主国家でもスモッグを吸っているというのは熟考に値することだ」「民主や自由があれば汚染問題は自然と解決できるんじゃなかったのか?」など、民主国家であっても汚染の問題が深刻であることを指摘する意見も少なくなかった。(翻訳・編集/山中)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2017/02/17 05:52)

    >>「民主国家でもスモッグを吸っているというのは熟考に値することだ」 カーストによる差別が根強く残ってるインドが、本当の意味での民主主義国家だとはとても思えんが。 本来私有財産を許さないはずの共産主義国家で貧富の差が拡大してる中国と、矛盾の度合いではドッコイドッコイだと思うがね。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2017/02/16 19:50)

    >民主や自由があれば汚染問題は自然と解決できるんじゃなかったのか? 20世紀後半くらいまでは『社会主義国に公害はない』と信じられていた。公害は国民から搾取することしか考えない資本主義の産物で、社会主義国には公害を流す工場はない、と真剣に信じられていた。それは真実を言えば罰せられるため、スモッグで曇っていても青空だと言うだけだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • MR***** | (2017/02/16 13:13)

    河北省三都市も。 なぜだろう?石炭工場とかあるのかな?
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する