あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!詳しくはこちら

韓国車は日本でなぜ売れない?昨年の対日輸出、わずか371台=「品質の違い?」「日本に車を売ろうとしていることに無理がある」―韓国ネット

配信日時:2017年2月13日(月) 5時30分
韓国車は日本でなぜ売れない?昨年の対日輸出、わずか371台
画像ID  544428
9日、韓国・イーデイリーによると、日本車の輸入が増加する一方、日本への韓国車輸出が伸び悩んでいる。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真は日本。
2017年2月9日、韓国・イーデイリーによると、韓国への日本車の輸入が増加する一方、日本への韓国車輸出が伸び悩んでいる。

韓国自動車産業協会(KAMA)によると、2013年に462台だった対日本自動車輸出量は、2014年321台、2015年273台、2016年371台(乗用車200台、バス171台)となっている。371台の輸出量は、アフリカのアンゴラ(355台)と同水準で、パプアニューギニア(427台)よりも低い。

韓国の自動車最大手・現代(ヒュンダイ)自動車は2000年に日本に販売法人を設立し、中型セダン・ソナタを筆頭に日本市場に進出したが、2009年に商用車販売店だけを残して撤退した。韓国の自動車最大手・ルノーサムスン自動車は釜山工場で生産したクロスオーバーSUV・QM5(現地名コレオス)を2008年から輸出し、2009年に229台の販売を記録したが、その後販売量が減少し、2015年からは完全にゼロになった。米GM子会社・韓国GMも、2011年からシボレーの小型車アベオ(現地名ソニック)と中型SUV・キャプティバを輸出しているが、2013年325台、2014年150台、2015年170台だった。一方、日本車の輸入は増加傾向にあり、2013年3万6194、2014年4万7939台、2015年4万1518台、2016年4万3337台を記録した。実際の販売量は、2013年2万2042台、2014年2万4093台、2015年2万9003台、2016年は3万5429台と着実に増加している。日本での韓国車販売不振の原因として、小型車を好むことや購入後のアフターサービスが楽に受けられることなど、日本の消費者の自動車購入動機を正確に把握していなかったことが指摘されている。

日本への韓国車輸出が伸びない現状に、韓国のネットユーザーからは「技術もないのに日本に車を売ろうとしていることに無理がある」「日本は細かなところまで精密に作るからな、それと比べられたら…」「品質の違いじゃないのか」「米国市場でも猛威を振るっている日本車に韓国車が対抗できるわけない」など、品質の違いを指摘する声が多く寄せられた。(翻訳・編集/三田)
あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!
詳しくはこちら
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事

<







/body>