コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

1600億円かけて全国の観光地に2万6000カ所のトイレを設置=「また観光地が値上がりする」「それよりスモッグ対策をしてほしい」―中国ネット

配信日時:2017年2月7日(火) 9時50分
1600億円かけ中国全土の観光地に2万6000カ所のトイレを設置
画像ID  543604
6日、中国国家観光局が約1600億円を投入して観光地に2万6000カ所のトイレを設置することを発表したことについて、中国のネットユーザーからは否定的なコメントが多く寄せられた。写真はトイレの標識。
2017年2月6日、中国中央テレビによると、中国国家観光局は100億元(約1600億円)を投入して観光地に2万6000カ所のトイレを設置することを発表した。

4日から広州市で開催されている2017年全国トイレ革命作業現場会で、中国国家観光局の李金早(リー・ジンザオ)局長は、今年中に全国の観光地に2万6197カ所のトイレを設置すると発表した。そのうち、1万9512カ所は新設で、6685カ所は改修するという。投入される資金は100億元を超える見込みだという。

また、全国の5A級観光地では、バリアフリー設備、洋式トイレ、洗面台、おむつ交換台、子供用補助便座、SOS緊急ボタンが標準装備になるという。

このニュースが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で伝えられると、中国のネットユーザーから「観光地はあんなに金持ちなのに国に作ってもらうのか?」「観光地は入場料が必要なのに、トイレは国がお金を出すのか?」との批判が相次いだ。

また、「つまりまた観光地の入場料が値上がりするということか」と予想する人や、「たぶん本当にトイレに投入されるお金は50億元だけだと思う」と、汚職を心配するコメントもあった。

他にも「100億元かけるならスモッグ対策に使ってほしい」、「女性用トイレを増やすことが先決だ。トイレについては男女平等とはいかない」などの意見もあり、この計画に否定的なコメントが大半を占めた。(翻訳・編集/山中)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する