アパホテル問題、実は中国人はそれほど関心なし!?ネットに見える意外な真相

配信日時:2017年1月27日(金) 11時30分
アパホテル問題、実は中国人はそれほど関心なし!?
画像ID  542848
27日、日本のアパホテルの客室に南京大虐殺を否定する書籍が置かれているとして中国から批判の声が挙がっているが、実際に中国のネット上ではどの程度注目されているのか。写真はアパホテル。
2017年1月27日、日本のアパホテルの客室に南京大虐殺を否定する書籍が置かれているとして中国から批判の声が挙がっているが、実際に中国のネット上ではどの程度注目されているのか。

米国人学生らが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で“告発”したことで巻き起こったこの騒動では、中国国家旅游局が「アパホテルの間違ったやり口は中国人観光客に対する公然の挑発であり、旅行業界の基本道徳に違反している」と批判し、旅行業者に取引停止を求め、中国人旅行者には不泊を呼び掛ける事態となった。また、来月札幌で行われる冬季アジア大会では、大韓体育会の要請を受け、選手らの宿泊所になっているアパホテルから書籍を撤去する方向で話が進んでいるという。

この問題について、先日、東スポWebが「ネット上ではそれほどヒートアップしていない」と伝えた。記事では中国事情に詳しい専門家の話を引用して、中国人の気持ちは春節(旧正月)に向けられており、これを切り替えるほどの関心にはなっていないと報じている。

実際、ユーザー数6億人とも言われる中国版ツイッター・微博(ウェイボー)の検索ワードランキングでは、確認できた限りではあるものの一連の騒動期間中に関連ワードがトップ20に入ることはほとんどなく、ここ数日は50位圏内にも入っていない。上位は中国国内ニュースやトランプ大統領、芸能、春節関連のワードが占めている。

ちなみに、過去に日本関連でトップ10入りした話題といえば、14年11月にテニスの錦織圭がATPツアーファイナルでアンディ・マリー(英国)に勝利した時や、15年3月に「名探偵コナン」の作者・青山剛昌さんが入院した時、その他、福原愛や宮崎駿関連の話題や、日本の芸能関連の話題も上位に入ることがある。時期的なこともあるが、今回の騒動は上記の話題よりも注目度は低いと見ることができる。メディアが取り上げる日本関連のニュースの中では最も大きな話題になってはいるが、一部のユーザーを除いてそれほど大きな関心を抱いていないという印象だ。

微博を日常的に利用するという南京出身の中国人男性は、「アパホテルの問題はメディアにとっては日中関係の焦点かもしれませんが、一般人にとってはそれほど注目するものではありません。もちろん、聞けば不快な思いはありますが、今は中国人にとって一番忙しい春節でもあるので、それどころではないという感じでしょう。国際問題に注目する人でも、トランプ大統領の外交方針の方が気になる話題だと思います」と語る。こうした話題により興味を示すのは、中国人よりもむしろ日本人なのかもしれない。(翻訳・編集/北田
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 8

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • tor***** | (2017/02/05 19:27)

    アパの社長の主張は、事実ではない罪まで被る理不尽さを検証して異を唱えたものである。自由と民主の国家では、各々の意見を表明するのに壁はあってならず憲法でも表現の自由が保障されている。戦後、左派勢力は自らのイデオロギ-を正当化するため、真贋織り交ぜた情報を社会に垂れ流し、更に教育の現場にまで持ち込んだ。しかしかながら、インタ-ネットの普及により、社会全体が既存マスメディアの一方通行の情報から双方向に変わり情報の真贋を問う時代となった。マスメディアの独善とも言える社会規範を醸成する情報操作は次々と暴かれ、それらの正当性は失われつつある。正にアパの問題は既存メディアへの失望から生まれた事件だと言える。南京事件や大陸進出による戦争被害を中国に与えた事実を否定する日本人は多くないと思うが、事実と異なる行為まで押し付けられる所以はないと思う日本人も多くいる。今回の一件は色々な意味で考えさせられる。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • tor***** | (2017/02/05 19:13)

    中国人の関心の度合いの尺度で言えば「今のところ」と条件付け為べきもので感心がないと短絡すべきではない。米国の動向や春節で感心の矛先がこの問題に向いていない以上に中共政府が煽らず静観しているだけの事。南京問題は、戦時下であれば起きうる市民への暴挙が大量虐殺であったとの情報操作が彼等にとって必要な要件であり、それ自体が政治目的と化している実情をみれは事実の有無は大した要件ではない。日中の史実の検証は、日本側が事実に基づき検証しても、その目的の前では意味を消失する。そもそも、南京大虐殺の捏造を画策したのはGHQによる原爆による虐殺の隠蔽が根底にあるとも言われ、戦後、一貫して広島で行われた大量虐殺を上回る残虐行為が日本軍により行われたと自らの非を隠蔽するために行われた側面もあるとされている。戦時下で行われた残虐行為を肯定する立場にはないが、事実を故意にねじ負けだ史実を押し付けられることもない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ひだま***** | (2017/01/27 23:23)

    “温故知新” “時々刻々、日々更新にして 四季の移ろい・自然の移ろい・寸暇・今を楽しむべし” “時は 百代の過客にして 浮き雲の如し” “光陰矢の如し” “人生はうたかたの夢・一炊の夢の如し・あっと言う間にお爺さん” “命短し愛せよ乙女達”・・・・歴史とは醜く忌まわしい戦争・殺戮・弱肉強食・争いの足跡にして それを賢く学んで・二度と同じ過ち・失敗・後悔・悲劇を犯さぬ様に努めることこそ大いに賢いことである。 いつまでも忌まわしい過去(記憶/コピー再現イメージ/幻想/幻影/印象/リアル観念/写実イメージ/つもり/仮想的現実視)に囚われていることは 甚だ愚かなり、最早 “覆水盆に帰らず”
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事