あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!詳しくはこちら

トランプ大統領は中国と仲良くしたい、まな娘イヴァンカさんのツイッター投稿に注目集まる―中国紙

配信日時:2017年2月3日(金) 16時30分
トランプ大統領は中国と仲良くしたい、イヴァンカさんの投稿に注目
画像ID  542806
2日、トランプ米大統領の長女、イヴァンカさんが、中国語で「新年おめでとう」と歌う娘アラベラちゃんの動画をツイッターに投稿した。写真はトランプ大統領。
2017年2月2日、トランプ米大統領の長女、イヴァンカさんが、中国語で「新年おめでとう」と歌う娘アラベラちゃんの動画をツイッターに投稿した。3日付で環球時報が伝えた。

イヴァンカさん親子は1日夜にワシントンの中国大使館で行われた新年レセプションに出席し、注目を集めたばかり。イヴァンカさんは動画投稿の際、「すべての人が素晴らしい新年を迎えますように」とつぶやき、最後に中国語で「新年快楽(新年おめでとう)」と書いた。

同紙によると、トランプ氏の大統領就任以降、イヴァンカさんが各国の大使館イベントに参加したのはこれが初となるもよう。春節に際して祝賀メッセージを発表していない父親と対照的な行動に関心が集まっており、台湾紙・自由時報は「公職の身でないとは言え、イヴァンカさんは周囲からトランプ氏が最も愛する子どもと見られている。同氏に対する影響力は大きい」と指摘。台湾・東森新聞はトランプ氏の移民政策が華人に及ぶ可能性に言及し、「イヴァンカさんの大使館訪問は中国人に対する非礼を懸念するトランプ氏が行った挽回策」と報じている。

また、中国・復旦大学の関係者は「歴代の米国大統領の春節祝賀メッセージは票獲得が目的。トランプ氏があいさつをしなかったことを驚く必要はない」と述べた上で、「イヴァンカさんのレセプション出席は非常に重要なメッセージ」と指摘。「トランプ氏が知らないはずはなく、中国に対する直接的な祝意だ。米国は米中関係が行き詰まることを望んでいない」などとコメントしている。(翻訳・編集/野谷)
あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!
詳しくはこちら
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

<







/body>