毎日1時間昼寝すると脳が5歳若くなる―米研究

配信日時:2017年1月25日(水) 1時10分
毎日1時間昼寝すると脳が5歳若くなる―米研究
画像ID  542518
昼寝は健康を促進するが、どのくらい寝るのが最適なのだろうか?
昼寝は健康を促進するが、どのくらい寝るのが最適なのだろうか?米ペンシルバニア大学はこのほど米国の老年医学誌に掲載した研究結果で、毎日の昼寝時間は1時間が最適で、それにより脳を5歳若くすることができるとした。生命時報が伝えた。

研究チームは65歳以上の被験者3000人を集め、アンケート調査を通じて、その昼寝の習慣と記憶・認知能力を調べた。分析結果によると、毎日1時間昼寝をする人と比べ、昼寝をしない人の記憶・認知能力の成績が悪く、認知能力が低下するリスクが4−6倍となった。また1時間以上昼寝する人と比べた場合も、各種テストでより良い成績を収めることが明らかになった。

この研究結果から脳の健康に最も適した昼寝時間は1時間で、これを上回っても下回ってもよくないことがわかった。研究チームは「1時間は昼寝に最も適した時間だ。長期的に昼寝を心がければ、脳の老いを大幅に遅らせることができる」と結論付けている。(提供/人民網日本語版・編集/YF)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 乌鸦嗒***** | (2017/01/25 08:18)

    イケアも真っ青.....ますます増えるな 【レコードチャイナ】 2016年8月29日、米紙ニューヨーク・タイムズは、中国人はどこでも寝ることができるという特殊な才能を持っていると伝えている。 記事は、中国各地に21店舗を展開するスウェーデンの家具メーカー・イケア(IKEA)の店内で、客たちがただ冷房のきいた場所で昼寝をするためだけに訪れ、置いてあるサンプルの家具をちゅうちょなく使い、果ては赤の他人と同じベッドの上で寝たりもするという、中国ではもはやおなじみとなった現象を紹介した。
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事