インドネシア大統領、「中国人をサメの餌に」暴言の軍司令官を叱責―中国紙

配信日時:2017年1月10日(火) 12時10分
インドネシア大統領、「中国人をサメの餌に」暴言の軍司令官を叱責
画像ID  540988
10日、「中国人をサメの餌にする」などの暴言で物議を醸したインドネシア国軍のガトット・ヌルマンチョ司令官がこのほど、同国のジョコ大統領から叱責された。資料写真。
2017年1月10日、「中国人をサメの餌にする」などの暴言で物議を醸したインドネシア国軍のガトット・ヌルマンチョ司令官がこのほど、同国のジョコ大統領から叱責された。環球時報が伝えた。

ロイター通信によると、ジョコ大統領は先週の会議で、「制御不能な」国軍司令官を非難した。ヌルマンチョ司令官は先ごろ、一方的にオーストラリアとの防衛協力を中断したほか、中国難民への敵意をむき出しにする暴言を吐くなど物議を醸していた。

報道によると、ヌルマンチョ司令官は「中国の食糧不足により数百万人もの中国難民がマレー半島へ流入する可能性がある」と懸念を示し、「彼らは海を経由してインドネシアへ来る。私は海上で10頭の牛を殺す。そうすれば多くのサメが集まってくる。その後、私は彼らを撃ち殺し、小さな武器を使うだけでボートは水漏れし、彼らはすべてサメに食べられる」などと発言していた。(翻訳・編集/柳川)
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • tor***** | (2017/01/19 23:30)

    この話に同調して皮肉を言えばこの司令官並みの低度の低さを露呈するだけである。インドネシアはアセアン諸国ではベトナムに次いで中国に強行姿勢で望んでいる。女性海洋大臣のスシ氏は密漁で拿捕した中国船を軍の艦船で爆沈させ国民から強い支持を受けている。隣接するマレ-シアは華僑勢力の影響や経済的な結び付きで一部で中国艦艇の寄港を認め、豪州でも中国軍と結びつきのある企業に半世紀以上の賃貸を認め、インドネシアの安全保障を脅かし兼ねない国民感情を逆なでしている。中国からの新幹線誘致は頓挫し、測量に入った中国企業が軍施設の違法測量が明るみになり、以前からある中国資本の横暴に、軍のトップによるこの様な発言に多くの国民は同調し支持を広めている。軍政への回帰は望まなくとも国益を損なうと中国経済に寄りかかる現政権に国民が懐疑的あり、不支持を現しつつある証左とも言える。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ita***** | (2017/01/11 11:00)

    ○○人は世界の癌だからね。 皆、言いたいことは同じだよ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 迎恩門***** | (2017/01/10 15:24)

    そうです、13億も居れば判りません、寸場らしい発想、実現可。
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事