中国環境相、大規模大気汚染で国民に謝罪「いつ改善できるか明確に示すのは困難」―英メディア

配信日時:2017年1月8日(日) 17時20分
中国環境相、大規模大気汚染で国民に謝罪
画像ID  540772
6日、中国環境保護部の陳吉寧部長は記者会見で、中国北部を中心に昨年末から続く深刻な大気汚染について、「責任を感じている」と述べ、国民に謝罪した。写真はスモッグ発生時の上海。
2017年1月6日、中国環境保護部の陳吉寧(チェン・ジーニン)部長は記者会見で、中国北部を中心に昨年末から続く深刻な大気汚染について、「責任を感じている」と述べ、国民に謝罪した。英BBCの中国語ニュースサイトが伝えた。

陳部長は、16年の北京の微小粒子状物質PM2.5の年間平均濃度は15年比9.9%低下し、空気質指数AQIが「優良」か「良」の日の割合は15年に比べて3.1ポイント増加していると一定の成果を強調した一方で、「ここ数年続く冬季の汚染問題は解決されていない。冬季の気象条件は想像以上に不利・複雑だ」と述べた。

「いつになったらきれいな空気になるのか」との質問に対し、陳部長は「タイムテーブルを示すのは難しい」とした上で、「珠江デルタ地域の15年の空気質は概ね基準に達したが、広東省はこの問題の解決に向けた検討を2000年前後から開始している。およそ十数年の時間をかけて現在のような成果を達成した」と答えた。(翻訳・編集/柳川)
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 絶対平***** | (2017/01/09 01:41)

    その一定の成果というのも中共の制約が掛かってるから数字自体に信憑性がもの凄く薄いぞ。 しかも2000年頃から対策を講じててこの程度なのか。お世辞にも努力した結果とは言えないな。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 寝豚***** | (2017/01/09 01:14)

    中国の腐敗官僚は大気汚染を改善させる意思は皆無。 大気汚染対策を腐敗官僚自信や親族が経営する会社に厳しくさせれば 汚染物質垂れ流しによって得た不当利益が吹き飛んでしまう。 中国の高速鉄道建設推進は腐敗官僚が手にする不当利益依るところが大きい。 空港建設では空港設備や周辺からしか利益を得られないが、鉄道建設の場合は 始発点から終着点まで広い範囲で利益が見込める。 競争原理から飛行機のチケットの方が高速鉄道の切符より安いことがある。 大気汚染が解消し飛行機が定刻通り運航されれば腐敗官僚が手にする不当利益も 少なくなってしまうから困るって訳だ
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 色は匂***** | (2017/01/08 23:31)

    様々な利害がからんで公害をなくすことができなくなっているのだろう。 公害を撒き散らすことで経済を維持しているようなものかな。 経済発展と人の命をはかりにかけているようなものかな・・・
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事