コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

中国がパクリ大国から知財強国へと変貌!?―中国メディア

配信日時:2017年9月30日(土) 5時20分
中国がパクリ大国から知財強国へと変貌!?
画像ID  540247
28日、中国メディアの環球網が、中国はものまね大国から知的財産権強国へと変わりつつあると日本メディアが報道したと伝えた。資料写真。
2017年9月28日、中国メディアの環球網が、中国はものまね大国から知的財産権強国へと変わりつつあると日本メディアが報道したと伝えた。

科学技術振興機構が最近公表した報告書によると、中国の企業や大学の特許出願が爆発的に増えており、知的財産権の保護制度も整備されてきたという。それで2020年代には知的財産権の米中2強時代になると予測している。

中国は、2016〜2020年の第13次5カ年計画で、科学技術力の強化や、「知的財産権強国の建設」を目標に掲げている。報告書は関連する政策や特許出願状況などを調べたが、それによると、特許出願件数は米国の2倍となるおよそ134万件で、世界で最も多かった。企業の国際特許出願件数でも中国の中興通訊(ZTE)が1位、ファーウェイが2位となり、日米の企業を上回った。

中国では、知的財産権を保護する施策が出され、権利の侵害に対する罰則が強化された。知財裁判をインターネットで公表するなどの措置を通して、急速に改革を進めており、制度や実務面で日本が追い抜かれるのではないかと予想しているという。

中国の改革のスピードはある面では確かに非常に速く、かつては動画共有サイトで違法にアップロードされた映画やアニメなどがたくさんあったが、今では各社が版権を購入するようになり、違法な動画は削除されるなどして海賊版は大幅に減少した。

しかし、その一方で地方にはいまだに世界的に有名なキャラクターを模倣した、いわゆる「パクリ遊園地」が数多く存在していたり、日本のアニメキャラクターを模したと思われるグッズが普通に売られていたりする。また、上海にオープンした「大江戸温泉物語」をめぐる問題も記憶に新しく、いまだに解決されていないようだ。特許数は増えても、本当の意味で国民の知的財産権意識が高まった強国となるには、まだまだ時間がかかるといえそうだ。(翻訳・編集/山中)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • pik***** | (2017/10/06 15:08)

    ????中国がパクリ大国から知財強国へと変貌!?―中国メディア 中国人のウソツキさん!!パクリや偽物造りがお上手、お上手????????????????
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 絶対平***** | (2017/09/30 07:20)

    後進国・新興国の体なんてその程度だろ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 丹楊***** | (2017/09/30 06:35)

    >企業の国際特許出願件数でも 出願件数を競って何がうれしいんや? お前らはいつもそうやって、見た目の数字だけで誤魔化そうとしてるが、おバカな国民はそれで騙せても、世界の先進国の人達はそんなしょうもないやり口に呆れてる事を知りなよ! >権利の侵害に対する罰則が強化された。 その知的財産権として申請している内容そのものがパクリなんだから、とてもじゃないけどそうは思えんな >違法な動画は削除されるなどして海賊版は大幅に減少した。 減っとらんけどな~。減ってる様に見えてるのはネットだけで、物理的なモノになると全然手つかずだろ 数日前に良く行く海外のDVDやBDを扱うお店に行って来たけど、見てる限り香港版(海賊版)のアニメDVDは減って無いし、直接買い付けに行ってる店員さんに欲しい海賊版が入荷するか話を聞いたら“向こうで見たから今度仕入れて来るよ”って言ってたしな~。
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する