米国人が「敵」と認識している国ランキング、中国の順位は?―米世論調査

配信日時:2017年2月7日(火) 19時40分
米国人が「敵」と認識している国ランキング、中国の順位は?
画像ID  539573
6日、世論調査会社YouGovが米国の成人7150人を対象に「米国の敵と味方」について行った調査によると、米国人から「敵」と認識されている国のランキングで、中国は14位であることが分かった。写真は中国の軍事パレード。
2017年2月6日、世論調査会社YouGovが米国の成人7150人を対象に「米国の敵と味方」について行った調査によると、米国人から「敵」と認識されている国のランキングで、中国はレバノン、リベリア、アラブ首長国連邦と同じ14位であることが分かった。

調査は1月28日から2月1日まで行われ、各回答者は144カ国の中から無作為に抽出された5カ国について「同盟」「友好的」「敵対的」「敵」「分からない」の五つの選択肢から答えた。

米国人の中国に対する認識は、「敵」が11%、「敵対的」が34%、「友好的」が26%、「同盟」が6%、「分からない」が24%だった。

「敵」と認識されている国のランキングでは、北朝鮮が57%で首位。以下、イラン41%、シリア32%、イラク29%、アフガニスタン23%、ロシア22%、リビアとソマリア20%、パキスタン19%、パレスチナ18%、サウジアラビア16%、イエメン14%、スーダン13%と続いた。

日本に対する認識は、「敵」が4%、「敵対的」が8%、「友好的」が36%、「同盟」が33%、「分からない」が20%だった。(翻訳・編集/柳川)
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事

<







/body>