コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

中国人美女が日本でわざと財布を落としてみた!=中国ネット「40年前の中国もこうだった」「別に驚くことじゃない」

配信日時:2016年12月22日(木) 8時10分
日本でわざと財布を落としてみた!中国人の反応は…
画像ID  538568
20日、中国のポータルサイト・今日頭条に、日本の街角で行われたある実験動画が掲載され、ネットユーザーからさまざまな反応が寄せられている。資料写真。
2016年12月20日、中国のポータルサイト・今日頭条に、日本の街角で行われたある実験動画が掲載され、ネットユーザーからさまざまな反応が寄せられている。

日本では落とし物がかなりの割合で見つかると言われ、中国人の間でもよく話題になる。実際、警視庁遺失物センターのまとめで、東京都内で2014年に落とし物として届け出られた現金は約33億4000万円に上り、届けられた現金のうち74%が持ち主に返されているという。また、2015年に届けられた外国人による遺失物は少なくとも7万9700点あり、このうち5万5000点余りが持ち主に返還されている。

こうした中、動画では中国人女性が「地面に落ちた財布を見て、日本人はどうするのか?」を実験している。登場する人たちは、みんなすぐに拾って女性に手渡したり、落ちたことを教えたりしている。

この様子に、ネットユーザーからは「驚くべき集団素養の高さ」「日本は嫌いだけど、日本人の素養が中国人より高いことは認めないといけない」「別に驚くことじゃない。日本に行ったことがあるけど、街にごみは落ちていない。日本に住みたい」「中国はあと100年かかるな」「中国が世界一の大国になりたければ、人民の素養が少なくとも日本人と同じにならないといけない」「40年前の中国もこうだったんだけどね」といったコメントが寄せられている。

同様の実験が過去にも行われているほか、実際に落とした財布が拾われ、手元に戻ってきたという在日中国人は「財布の中身は元のまま。何もなくなっていなかった。拾った人にお礼がしたいと申し出たが、必要ないと言われた。日本での生活には安心を感じる」と話している。日本人にとっては当たり前だが、五輪招致でも落とし物が見つかる国であることがPRされたように、海外の人の目には違ったように映るのかもしれない。(翻訳・編集/北田)
レコードチャイナでは在宅翻訳者コラムニスト中国語ガイドを募集しています。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ひだま***** | (2017/06/11 15:34)

    落とし物(遺失物)・・・・他者が落とした物なのであるから 当然 落とし主に戻すのが自然・当然・当たり前のこと(道理/幼児でも判ること/自明の理)である。 しかしながら、他者が落とした物(他者の持ち物)であることを判っていながらも それをネコババ(他者の物を自分の物にすること/盗人/犯罪)をする邪な人間・悪い大人(悪人)が世間(俗世間/俗界/低俗界)にはいる訳である。 一般的に、国民の一人一人を無視して一つにくくった社会・国家などといった総体(全体/見掛け・見せ掛け/上辺)的な言葉で深まりのない・不毛な・埓の明かない・曖昧・大雑把な言葉(概念/観念/イメージ)を使って乱暴に話会っているだけであることに気付く/自覚することが必要不可欠/必須/必然である。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • pik***** | (2017/03/29 14:53)

    この様な実験は日本人に対し失礼である。 実験者中国人の教養、民度は最低だ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 968***** | (2016/12/24 13:56)

    中国や韓国で実験すればどうか 面白い見ものとなること請け合い
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事