あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!詳しくはこちら

パンダが非繁殖期の12月に繁殖活動、史上初のケース―中国

配信日時:2016年12月22日(木) 14時10分
パンダが非繁殖期の12月に繁殖活動、史上初のケース―中国
画像ID  538413
中国パンダ保護研究センターのスタッフは12月上旬、メスパンダの「蘇琳(スーリン)」が発情期を迎えたことを確認した。
中国パンダ保護研究センターのスタッフは12月上旬、メスパンダの「蘇琳(スーリン)」が発情期を迎えたことを確認した。人民網が伝えた。

蘇琳の発情期は14日にピークに達し、同日夜にオスパンダの「陽陽(ヤンヤン)」と自然交配を行った。また、蘇琳の妊娠をより確実にするため、スタッフは15日に別のオスパンダ「香林(シャンリン)」の精子を採取し、蘇琳に人工授精を行った。同センターで飼育されているパンダは通常毎年3〜5月に発情期を迎え、人工授精や自然交配を行う。12月に発情期を迎え、自然交配と精子を採取して人工授精を行うというのは、パンダ繁殖史上にとっていずれも初めてのケースとなった。

今回、蘇琳が発情期を迎え、自然交配と人工授精したことで、同センターにおける2017年度のパンダ繁殖の幕が開いた。同センターのパンダ繁殖専門家である羅波氏は「メスパンダの蘇琳は12月に発情期を迎え、自然交配を行い、またオスパンダの香林からの精子採取も同時期に成功した。このことはパンダの非繁殖期における繁殖活動の貴重な資料となった」とした。

パンダの妊娠期間は通常70〜150日で、蘇琳が無事妊娠した場合、早ければ来年2月末には赤ちゃんパンダが生まれるという。(提供/人民網日本語版・編集/YK)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
レコードチャイナでは在宅翻訳者コラムニスト中国語ガイドを募集しています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事