自然保護区に設置された赤外線カメラ、動物たちの自然な姿捉える―中国

配信日時:2016年12月17日(土) 8時10分
自然保護区に設置された赤外線カメラ、動物たちの自然な姿捉える
画像ID  537801
甘粛省の白水江国家級自然保護区に設置されている赤外線カメラ約260台は今や同保護区の動物たちのミニ自撮りスポットとなりつつある。
中国甘粛省の白水江国家級自然保護区に設置されている赤外線カメラ約260台は今や同保護区の動物たちのミニ自撮りスポットとなりつつある。中国中央テレビが伝えた。

これらのカメラは動物たちがその前を通り過ぎるたびに、自動で写真や映像が撮影される仕組みになっている。そんな動物たちの自然な姿を写した「自撮り」は思わず笑いを浮かべてしまうようなユニークな作品に仕上がっている。(提供/人民網日本語版・編集/YK)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
レコードチャイナでは在宅翻訳者コラムニスト中国語ガイドを募集しています。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事