金城武が告白「だまされて映画に出演」!コメディー映画「擺渡人」でトニー・レオンと再タッグ―中国メディア

配信日時:2016年12月13日(火) 12時0分
金城武「だまされて出演」!コメディ映画でトニー・レオンと再タッグ
画像ID  537316
12日、ウォン・カーウァイ監督プロデュースのコメディー映画「擺渡人」に出演した金城武が、「だまされて映画に出た」と語っている。
2016年12月12日、ウォン・カーウァイ(王家衛)監督プロデュースのコメディー映画「擺渡人」に出演した金城武が、「だまされて映画に出た」と語っている。鳳凰網が伝えた。

香港の名優トニー・レオン(梁朝偉)主演の「擺渡人」には、これまで「レッドクリフ」など複数の作品で共演してきた金城武も出演。このほど公開された最新の予告動画では、金城武が映画の裏話を披露。もともとはシリアスな文芸作品だと思ってオファーを受けたが、フタを開けてみると完全なコメディーで、アクションシーンもあれば殴られる場面もあったとのこと。だまされて映画に出演したと語っている。

トニー・レオンにとっては、久々のコメディー復帰作品となる。予告動画を見ると1人で数十人と戦うハチャメチャなシーンもあり、トニー・レオン自身も「アメリカンコミックのヒーローと同じレベル」と語るほど。しかし笑いの中にも、人生について考えさせられるという多元的な作品になっている。(翻訳・編集/Mathilda
レコードチャイナでは在宅翻訳者、コラムニスト、中国語ガイドを募集しています。
詳しくはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事